融資を受けやすい時期

思ったこと、感じたこと

「今は、異常に借りやすい時期」だと、認識しているかどうか

 

 

税理士の山本です。

 

 

近年は、明らかにお金を借りやすいです。

 

 

 

特に、中小企業のメインの取引先である、地方銀行や信用金庫は、

 

 

 

どこも「ぜひ、私共から借りてください」という姿勢になっています。

 

 

 

これは私の印象だけではなく、実際に銀行さんが言うくらいです。

 

 

 

私のお客様でも、少し業績が伸び始めたとたん、頻繁に銀行の担当さんが顔を出しに来たり、

 

 

 

オープンしたての美容室に飛び込み営業が来たり、といったことが実際に起こっています。

 

 

 

長らく経営を続けてきたオーナー様は、

 

 

 

「昔と全然態度が違っていて、驚いた。」とおっしゃっていました。

 

 

 

そういう意味では、マイナス金利以後、借入をしやすくなったのは確かです。

 

 

 

 

逆に、少し前リーマンショック後あたりは、

 

 

 

融資のハードルが非常に厳しかった時代もありました。

 

 

 

この時期の銀行の融資姿勢は、とても厳しいものでした。

(ご経験なさったオーナー様であれば、共感していただけると思います。)

 

 

 

結果、多くの中小企業が倒産していったわけですが。

 

 

 

そんな厳しい時期がありつつも、今は金融緩和によりとても借りやすい時代です。

 

 

 

我々経営者にとっては、安定した財務基盤を築きやすい時代でもある。

 

 

 

ですが、この状況が今後もずっと続くかというと、そうは言い切れません。

 

 

 

「今は、異常に借りやすい時期である」

 

 

 

このことを、強く認識する必要があります。

 

 

 

言い換えれば、

 

 

 

①「運転資金の融資を受けて、手元資金を手厚くしておく」とともに、

 

②「設備資金の融資を受けて、出店を進めるのであれば、今」

 

 

 

ということを認識しておかなければなりません。

 

 

 

世の中の流れが変わる前に、資金調達がしやすい今、何をするのか?

 

 

 

それを意識して準備・行動した経営者だけが、

 

 

 

いつかまた来る「借りにくい時代」を乗り切れると感じています。

 

 

 

それでは

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

雇用保険の手続きハローワークの窓口時間が変更になる【雇用保険】前のページ

内装業者の相見積りの大切さ【金額・工期・美容業の施工実績はどうか?】次のページ美容室の内装

関連記事

  1. 【堀江貴文×MB】「情弱」だらけの美容業界が陥る、クーポンの甘い罠
  2. メンタルリセット

    思ったこと、感じたこと

    GACKTの勝ち方

    GACKTさん、やばい。熱すぎる。&nbs…

  3. 美容室と自己資本比率
  4. 領収書の枚数
  5. 美容室と新札
  6. 税理士と学生さんと

    税理士のこと

    インターンの学生さんへ

    台風の風で吹き飛ばされそうな、…

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP