通勤手当と社会保険

税金・社会保険のこと

社会保険料の計算では、通勤手当を含めることを忘れずに

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

「通勤手当は、社会保険料の計算に含めるべきですか?」

 

 

 

 

 

社会保険について、オーナーさんが疑問に思うことの1つではないでしょうか。

 

 

 

 

 

まず、結論からお伝えすると、「含める」が正解です。

 

 

 

 

「所得税では、通勤手当は一定額まで非課税だから、

 

社会保険の報酬月額にも含めなくて良いんじゃないかな?」

 

 

 

 

とお考えになるオーナーさんが多いですが、

 

 

 

 

社会保険の報酬月額の計算では、「含めて」計算することになります。

 

 

 

 

そのため、スタッフさんが

 

 

 

 

 

「130万円未満の、扶養の範囲内で働きたいんです。」

 

 

 

 

 

という働き方を希望していた時は、

 

 

 

 

特に、計算にご注意ください。

 

 

 

 

 

年金事務所の呼び出し調査で、

 

 

 

 

通勤手当を含めたら、実は130万円以上であることが判明し、

 

 

 

 

 

旦那さんの扶養から外れることになったとしたら、

 

 

 

 

 

最悪の場合、スタッフさんの退職にもつながりかねません。

 

 

 

 

 

オーナーの皆さま、くれぐれもご注意ください。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

損益分岐点美容室における損益分岐点の計算前のページ

社会保険と通勤手当、計算のポイント(補足)次のページ社会保険と通勤手当

関連記事

  1. 源泉所得税の納付書
  2. 納期の特例
  3. 相続税
  4. 美容業と飲食業
  5. 医療費控除
  6. 消費税・簡易課税

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP