猶予制度

税金・社会保険のこと

コロナの影響で税金と社会保険料の猶予(後払い)をする前に、リスクを知っておいてください

 

 

税理士の山本です。

 

 

先日もブログでお伝えしましたが、

コロナの影響もあり、税金・社保の支払いを猶予できる制度が新たに設けられています。

 

 

最長1年も猶予できてしまう。緊急時には、ほんとありがたい制度ですが、

 

「じゃあすぐに猶予すればいいんだ!」

 

と思われた方は、ちょっと待ってください。

 

 

実は、税金や社会保険を猶予することで

 

「追加の銀行借入ができなくなるかもしれない。」

 

というリスクを負ってしまうことは知っておいてください。

 

 

どういうことか。

 

 

銀行借入をするとき、通常は税金や社会保険料の未納がないことが条件だったりします。

それなのにもし猶予をしていたら、どう判断されるか?

 

「税金や社会保険料すら納めていない人が、まともに借入金の返済なんてできませんよね?」

 

と判断されてしまい、融資は却下されます。

 

 

そのため、猶予制度が新たに設けられたからといって、

安易に利用するとその後の借入ができなくなる可能性があります。

 

ただ、あくまでも可能性があると言うだけで、

絶対に借入ができないわけではありません。

コロナという稀にみる緊急事態ですので、金融機関によって対応は変わってきます。

 

 

それでも、猶予制度を利用する時は、

既に借入をした後の最終手段だと考えていただきたいです。

 

 

毎日のようにコロナ対策の資金繰り制度が発表されますが、

意外と、こういったリスクがきちんと周知されていないものもあります。

 

 

税金・社会保険の猶予はその最たるものです。

リスクを知ったうえでご判断なさるようにしてください。

※ご心配な方は、1度専門家にご相談なさることをオススメします。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容業・資金繰り支援【経済産業省】資金繰り支援のリスト公表!前のページ

「新型コロナウイルス対応臨時資金融資(無利子・無担保・無保証料)」【さいたま市のオーナー様へ】次のページ美容室・埼玉

関連記事

  1. ネイルサロンと税金
  2. 有給休暇の義務化
  3. ふるさと納税
  4. 美容室の年末調整
  5. 産前産後
  6. 美容業と節税

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP