サロンと社会保険

税金・社会保険のこと

社会保険に入りたいオーナーさん・抜けたいオーナーさん

 

 

税理士の山本です。

 

 

今年に入って、個人経営の美容室オーナー様から、

 

 

「法人成りして社会保険にも入りたいんですけど、相談に乗っていただけますか?」

 

 

とお問い合わせがありました。

 

 

一方、法人経営で社会保険に加入されているオーナー様から、

 

 

「社会保険から抜けるために、個人成りの相談に乗っていただけますか?」

 

 

とご相談いただくこともしばしばあります

 

 

社会保険は法人だと、無条件に加入が必要となりますが、

個人経営ですとスタッフさんが何人いても加入しなくてOKだからですね。

 

 

社会保険に加入して困っているサロンさんで、私がふと疑問に思うことは

 

 

「前の税理士は、シミュレーションしなかったのか?」

 

 

「前の税理士は、オーナーさんに人件費負担の大きさを説明しなかったのか?」

 

 

ということです。

 

 

社会保険に加入すると、人件費率が約1.15倍になります。

現在、個人経営のサロンで人件費率が45%だったとしたら、

社会保険に加入したとたん、人件費率が51.75%に跳ね上がる。

 

 

経営者であれば、金額の大きさに冷や汗がでるレベルです。

(私の事務所も社会保険に加入しているので、気持ちはよくわかります)

 

 

社保に加入なさるのであれば、事前に綿密なシミュレーションが必要です。

精度の高い試算表をもとに、

 

 

「人件費率が15%上がってもキャッシュフローは問題ないのか」

 

 

「人件費(給料・社会保険料)が上がっても、決算書は黒字決算になるのか」

 

 

必ず、確かめるようにしてください。

 

 

また、社会保険加入の影響をシミュレーションしない税理士であれば、税理士変更をオススメします。

(あなたの人生を、経営を、真剣に考えている税理士とはいえません)

 

 

それくらい、社会保険がサロン経営に与える影響は大きいからです。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

高齢な税理士アナログな税理士にあたると、経営者としての「時間」を奪われる前のページ

あなたの支払遅延が、開業融資に与える影響【クレジット・税金・公共料金など】次のページ支払遅延

関連記事

  1. 自己資本と純資産
  2. 理容室・美容室と医療費
  3. 扶養控除はフル活用
  4. 老後の資金を
  5. 確定申告
  6. 総額表示

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP