貯金ゼロで独立

美容室・理容室を開業するあなたへ

貯金0円で美容室を開業したいのですが。。。

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

 「今月いっぱいで勤務しているお店が潰れるので、辞めなければなりません。

 

そこで独立を考えているのですが、開業のための貯金がほとんどありません。

 

自己資金がゼロでも独立できるでしょうか?」

 

 

 

 

 

 

こういうご質問をけっこういただきます。

 

 

 

 

 

自己資金がなくても創業融資を申し込むことは出来ます。

 

 

 

 

 

 

ただし、美容室の開業には、多額の設備資金がいりますので、

 

 

 

 

 

自己資金が0だと、融資を断られる可能性が非常に高くなります。

 

 

 

 

 

また、開業資金を全額融資で調達できたとしても、

 

 

 

 

 

その後の返済が経営を圧迫することになります。

 

 

 

 

 

 

ですので、まずは、少額でもいいので自己資金を貯蓄していただくのが賢明です。

 

 

 

※できれば、100万準備したいところです。

 

 

 

 

 

 

とはいうものの、

 

 

 

 

 

貯金ばかりして、1番大切な「時間」がなくなっては本末転倒です。

 

 

 

 

 

また、「鉄は熱いうちに打て」というように、

 

 

 

 

 

 

せっかく独立しようと、火が付いた気持ちが冷めてしまうことも考えられます。

 

 

 

 

 

 

そのため、親族援助なども含めて、

 

 

 

 

 

 

どうすれば1番早く自己資金が確保できるかを考えてみてください。

 

 

 

 

 

貯金より、行動が大切です。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

時間管理何をやめて、その時間を作り出すのか前のページ

繰上返済すると、銀行評価は下がりますか?次のページ美容室と繰上返済

関連記事

  1. 美容室の出店とコンビニ跡地
  2. 美容室と給料日
  3. 個人事業から法人にするなら、有利なタイミングがあるのを知っていますか?【消費税の免税期間を活用した法人化】
  4. スタッフを雇ったときの「7つの書類」(架空人件費に注意)
  5. 開業失敗事例③「開業資金が予算をオーバーしたことにより、開業を断念したケース」
  6. 個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その②「融資の受けやすさ」】

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP