地方自治体による「制度融資」のメリット【飲食店・美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢】

美容室・理容室を開業するあなたへ

地方自治体による「制度融資」のメリット【美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

前回の記事「地方自治体による「制度融資」の内容」で書きましたが、

 

 

 

 

制度融資」は、「自治体・金融機関・信用保証協会の3者が、協力して

 

あなたをサポートしてくれる公的融資制度」です。

 

 

 

 

 

美容室を開業する方のほとんどが、日本政策金融公庫の融資を受けて開業しますが、

 

 

 

 

必ず公庫でないといけないということはありません。

 

 

 

 

 

そこで今日は、この「制度融資のメリット」についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

「制度融資」には、大きく3つのメリットがあります。

 

 

メリット①「日本政策金融公庫よりも、利率が低い制度が多い」

 

 

 

制度融資の利率は、1%台のものが多く、

 

 

 

 

日本政策金融公庫の新創業融資よりも、低くなることが多いです。

 

 

 

 

しかし、信用保証協会の保証料もかかるため、

 

 

 

 

「利率+保証料」の合計がどのくらいになるかをよく確認しましょう。

 

 

 

 

メリット②「利子補給など、自治体の優遇措置がある」

 

 

自治体によっては、利子補給や信用保証協会の保証料の補助をしてくれることもあります。

 

 

 

 

利子補給や保証料の補助の効果は大きく、

 

 

 

 

メリット①のように、もともと1%台の利率が、

 

 

 

 

利子補給によってさらに下がるため、実質的な利率が1%を切るようなケースもあります。

 

 

 

 

このような自治体の優遇措置があることも、メリットの1つです。

 

メリット③「信用保証協会の利用実績が得られる」

 

 

制度融資」を利用してしっかり返済を行えば、信用保証協会の利用実績ができます。

 

 

 

 

信用保証協会の利用実績があれば、将来、信用保証協会の保証を受けて

 

 

 

 

民間の金融機関(銀行)から追加融資を受けやすくなります。

 

 

 

 

また、信用保証協会付の融資の利用実績を積み上げれば、

 

 

 

 

信用保証協会の保証枠も広がるため、融資金額の上限も上がるという効果もあります。

 

 

 

 

 

以上が、制度融資のメリットです。

 

 

 

 

 

このように、特に「利率の条件」を考えると、

 

 

 

 

公庫より制度融資のほうがメリットがあることがわかりますね(メリット①・②)。

 

 

 

 

また、将来の追加融資に繋げるという意味でも、

 

 

 

 

制度融資のほうがメリットがあることがわかります(メリット③)。

 

 

 

 

 

なお、これだけ聞くと、制度融資が公庫よりいい選択肢のように聞こえますが、

 

 

 

 

制度融資には、デメリットもあります。

 

 

 

 

そこで次回は、制度融資のデメリットを書いてみたいと思います。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

地方自治体による「制度融資」の内容【飲食店・美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢】地方自治体による「制度融資」の内容【美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢】前のページ

地方自治体による「制度融資」のデメリット【美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢次のページ美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢

関連記事

  1. 美容室と理容室
  2. 期限延長と国税庁
  3. 個人事業と法人設立

    美容室・理容室を開業するあなたへ

    個人事業と会社設立の選択 どっちがお得なの?

    友人・知人問わず、事業を始めようとする人から相談を…

  4. 美容室・開業のために必要となる資格【防火管理者の資格をとっていますか?】 あなたの開業するお店には、スタッフさん・お客様含めて、30人以上の人が収容可能でしょうか? もし、収容人員が30名以上の美容室・飲食店を開業するのであれば、「防火管理者」の資格が必要です。 消防法により、あなたのお店の防火管理者を選任し、開業時に消防署に届け出なくてはいけません。 「防火管理者」は、防火上必要な業務を適切に遂行し、その防火対象物の管理を行なう人をいいます。 つまり、「火事が起きるのを防止して、もし、火事が起きたら、適切に避難誘導などの行動ができる人」です。 なお、 お店の延床面積が300㎡以上なら「甲種防火管理者」、 お店の延床面積が300㎡未満なら「乙種防火管理者」の選任が必要になります。 また、「防火管理者」の資格は、 最寄りの消防署が行っている「防火管理者講習」を修了することで取得できます。 そして、「講習期間」は、甲種は2日・乙種は1日で、「受講料」は3,000~5,000円です。 なお、余談ですが、火災で多くの方が思い出すのが、「新宿歌舞伎町ビル火災」ではないでしょうか。 2001年9月、44名の方がお亡くなりになり、3名の方が負傷したあの痛ましい事件です。 あの火災をきっかけとして消防法が大幅に改正されました。 防火管理者の必要性と重要性を伝えるのに、あれ以上の教訓はないように思えます。 現在も、「防火管理者」の講習では、「新宿歌舞伎町ビル火災」を引き合いに出して、 講習が行われることも多いと聞きます。 多くの死傷者を出した原因は、避難通路の確保が不十分であったためとされています。 あなたのお店でも、いつどんなことが原因で火事に見舞われるかわかりません。 あなた・お客様・スタッフさん、お店にかかわるすべての方の命を守るためにも、 「防火管理者」の資格を取るとともに、防火に関する意識を高めてください。
  5. 美容室と据置期間
  6. 開業するとき、どのタイミングで税理士に依頼すればいいか知っていますか?【美容室・飲食店のオーナーさんへ】

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP