「個人事業の開業・廃業等届出書」お店をオープンしたら税務署に出しましょう

美容室・理容室を開業するあなたへ

「個人事業の開業・廃業等届出書」お店をオープンしたら税務署に出しましょう

 

 

税理士の山本です。 

 

 

 

 

美容室をオープンしたら、まず税務署に、

 

 

 

 

「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出しましょう(通称「開業届」といいます)。

 

 

 

 

 

これは、独立・開業した時に、

 

 

 

 

 

税務署に「これから個人事業主として、確定申告をして税金を納めます!」

 

 

 

 

 

という意志を知らせるために出す紙で、

 

 

 

 

提出期限は「開業してから1か月以内」です。

 

 

 

 

 

 

なお、特に提出しなくても罰則はありませんが、継続して事業を営むなら提出しておきましょう。

 

 

 

 

 

なぜなら、個人事業の屋号を入れた銀行口座など、銀行で事業用の口座を作るときに、

 

 

 

 

 

開業届の控えを求められるケースがほとんどだからです。

 

 

 

 

 

ほとんどの銀行では、不正口座の作成防止のため、

 

 

 

 

開業届の控えを提出書類の1つとしています。

 

 

 

 

 

また、通常この「開業届」と「所得税の青色申告承認申請書」を同時に提出することがほとんどです。

 

 

 

 

 

事業を営むなら、青色申告も受けておいたほうがメリットが大きいですからね。

 

 

 

 

 

 

なお、注意点としては、必ずあなたの「控え」を手元に残すために、

 

 

 

 

 

提出用のほかに、あなたの控えをもう1枚提出するようにしてください。

 

 

 

 

 

控えは、税務署に直接提出しに行った場合は、その場で返してもらえますし、

 

 

 

 

郵送の場合は、返信用封筒を入れて送り、控えを送り返してもらいましょう。

 

 

 

 

あとで、確定申告の時期になって、「あれ?届出だしたよな?」と迷わないために、

 

 

 

 

 

大事な書類ですので、必ず「控え」はもらうようにしてくださいね。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

青色申告と「所得税の青色申告承認申請書」の税務署への届出【期日は厳守です!】青色申告と「所得税の青色申告承認申請書」の税務署への届出【期日は厳守です!】前のページ

「給与支払事務所等の開設届出書」お店で従業員を雇うなら、税務署に提出が必要です!次のページ「給与支払事務所等の開設届出書」お店で従業員を雇うなら、税務署に提出が必要です!

関連記事

  1. 面貸し(ミラーレンタル)で働く美容師さん、急いで届出ださないとすげえ損しますよ?
  2. 高すぎ!?美容室とホットペッパービューティーの広告宣伝費について【新規顧客からリピーターへ】
  3. 消費者金融の利用がある(あった)人は、融資の致命傷になるって?【美容室・飲食店の開業融資】
  4. 美容室と給料日
  5. 低価格サロン
  6. 源泉徴収票と美容室

最近の記事

  1. 美容室とPCR検査
  2. キャリアアップ助成金
  3. 社会保険料と美容室・理容室
  4. 美容室・出店
  5. 理容師・美容師さんと社保の扶養
  6. 美容室と理容室の確定申告
  7. 美容師・理容師と失業給付
  8. 美容室・理容室と一時支援金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP