美容室と割引クーポン

美容室と集客

新規客とリピート客、どちらを割引すべきでしょうか?

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

新規のお客様とリピートのお客様、どちらのお客様を割引すべきでしょうか?

 

 

 

 

 

実に難しい問題です。

 

 

 

 

 

「いつも来てくれてるリピートのお客様こそ、割引を行うべきでしょう!」

 

 

 

 

 

こんな声も聞こえてきそうですが、

 

 

 

 

 

マーケティング的にどちらが正しいか、、、

 

 

 

それは、

 

 

 

 

「割引は、新規のお客様のみ」にするべきということ。

 

 

 

 

 

マーケティングの考えからすると、

 

 

 

 

商品やサービスは、フロントエンド(集客商材)とバックエンド(利益商材)という役割に分けることができます。

 

 

 

 

美容室・理容室でいえば、

 

 

 

 

新規のお客様については、とにかく来店してもらうことに集中する必要があります。

 

 

 

 

 

だからこそ、利益を度外視してでも、

 

 

 

 

フロントエンド(集客商材)で割引を実施して来店していただく。

 

 

 

 

 

では、なぜ、リピートのお客様に割引してはいけないのでしょうか?

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

単なる「安売り」になってしまうからです。

 

 

 

 

 

リピートのお客様に対しては、バックエンド(利益商材)で利益を上げなければいけません。

 

 

 

 

 

それなのに、利益を度外視して割引を実施したなら、

 

 

 

 

利益を上げるタイミングが、どこにも存在しないことになってしまいます。

 

 

 

 

 

戦略的でない単なる「安売り」は、あなたの首を絞めることにつながります。

 

 

 

 

そして、どこかで利益を上げなければ、あなたのお店は潰れます。

 

 

 

 

 

リピートのお客様にとって、あなたのお店は、特別な場所です。

 

 

 

 

何度も足を運んでいただいているということは、

 

 

 

 

あなたのお店が、お客様の生活の一部になっているということですから。

 

 

 

 

 

ぜひ、リピートのお客様から、適切な利益を頂くことをためらわないでください。

 

 

 

 

 

利益がなければ、あなたのお店を守れません。

 

 

 

 

 

あなたのお店を守ることは、お客様の特別な場所を守ることにも繋がることです。

 

 

 

 

 

あなたのお店の成功を、いつも応援しています。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室のフロントエンドとバックエンドあなたのお店の、フロントエンド(集客商材)とバックエンド(利益商材)はなんですか?前のページ

2店舗目の立地を、1店舗目の近くにするとこんなメリットがあります次のページ美容室の立地戦略

関連記事

  1. 美容室とママさんコミュニティーの強さ
  2. 美容室の商圏分析
  3. 美容室とファン
  4. 美容室の指名数
  5. 美容室の立地戦略
  6. 自宅でエステサロン

最近の記事

  1. テナント支援
  2. 最低賃金
  3. 実質無利息
  4. 東金市の理美容室
  5. 山武市・美容室
  6. 八潮市の理美容室
  7. 国保の減免
  8. 千葉市の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP