人材確保等支援助成金(健康づくり制度)の活用

補助金・助成金・お金のこと

人材確保等支援助成金(健康づくり制度)の活用

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

最近、「人材確保等支援助成金」をお使いになるオーナーさんが増えているように思います。

 

 

 

 

 

どんな制度かというと、簡単に言うと、

 

 

 

 

 

「スタッフさんの健康づくりをお店がバックアップして、

 

離職率が低下したら、助成金57万円を支給しますよ。」

 

 

 

 

 

こんな制度です。

 

 

 

 

 

ただ、健康づくりと聞いても、ピンときませんよね。

 

 

 

 

 

実際どのような取り組みが対象になるかといいますと、

 

 

 

 

 

① 法定の健康診断に加えて、次のいずれか1つ以上を導入すること。

 

 

〇胃がん検診 〇子宮がん検診 〇肺がん検診 〇乳がん検診

〇大腸がん検診 〇歯周疾患検診 〇骨粗鬆症検診 〇腰痛健康診断

 

 

 

 

 

②計画を作成し、都道府県労働局長の認定を受けること

 

 

 

 

 

③制度を、新たに就業規則等において定めること

 

 

 

 

 

④全てのスタッフさんを対象とする制度であること

 

 

 

 

 

⑤受診費用の半額以上をお店が負担していること

 

 

 

 

 

⑥計画期間内に雇用管理制度を導入・実施すること

 

 

 

 

 

こういった取り組みをすることによって、助成金が支給されます。

 

 

 

 

 

スタッフさんの離職率を下げることは、美容室における重要事項の1つです。

 

 

 

 

 

福利厚生の向上によって離職率を下げながら、

 

 

 

 

 

助成金による資金繰りの改善も図れるため、

 

 

 

 

 

「新しい取り組みによって、離職率を下げていきたい。」

 

 

 

 

 

こうお考えの美容室オーナーさんであれば、

 

 

 

 

 

導入をご検討いただいてもよろしいかも知れません。

 

 

 

 

 

詳しく知りたい方は、知り合いの社労士をご紹介しますので、お声がけください。

 

 

 

 

 

離職率の改善と、資金繰りの改善。

 

 

 

 

 

両方に取り組んでいきましょう。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の社員旅行家族同伴の社員旅行は認められる?前のページ

あなたの会社の「決算月」をいつにするか次のページ美容室の決算月

関連記事

  1. しなくてもいい節税で、経営を悪化させてませんか?
  2. 生活支援臨時給付金
  3. 美容室と助成金
  4. 埼玉県の理美容業
  5. 港区の理美容室
  6. 美容室と雇用関係助成金

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP