ふるさと納税と返礼品

税金・社会保険のこと

今年のふるさと納税は、5月31日が1つのリミット

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

2月8日に、「ふるさと納税制度の抜本的改正」が正式に決まりました。

 

 

 

 

 

「返礼品は、寄付金の30%以下の地場産品に限定する(つまり、原価30%まで)」

 

 

 

 

 

というもので、

 

 

 

 

 

話題になった商品券、地場とは関係ない食料品などは、

 

 

 

 

 

 

今年6月1日からは、ふるさと納税の対象から外れることになります。

 

 

 

 

 

 

そのため、今年ふるさと納税を予定なさっているオーナーさんで、

 

 

 

 

 

 

お目当ての返礼品がある方は、

 

 

 

 

 

今年の5月31日までに寄付していただくことをオススメします。

 

 

 

 

 

ちなみに、この改正を見据えて、大阪府泉佐野市は、

 

 

 

 

 

 

今年2月から3月までの期間限定で、

 

 

 

 

 

 

ふるさと納税を申し込んだ方全員に、

 

 

 

 

 

 

Amazonギフト券を総額100億円プレゼントするキャンペーンを行っています。

 

 

 

 

※まるでPayPayですよね(笑

 

 

 

 

 

 

これに対し、総務省は泉佐野市を名指しで批判しているわけですが、

 

 

 

 

 

 

このような国と地方自治体の競い合いも、この5月31日までで一旦収束することになりそうです。

 

 

 

 

 

 

何にせよ、今年ふるさと納税をする予定オーナーさんは、

 

 

 

 

 

 

お早目に行動を。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の財務戦略あなたのお店を守るのは、現預金しかない前のページ

スタッフ数が10人未満でも、就業規則を作るべき?次のページ就業規則と美容室

関連記事

  1. 美容室と保険

    税金・社会保険のこと

    節税保険だってさ、

     『生保過熱「節税保険」、金融庁が問題視 …

  2. マイホーム
  3. 美容室と累積赤字
  4. 納期の特例
  5. 医療費控除と確定申告
  6. 美容師・理容師と失業給付

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業
  6. 月次支援金と理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP