就業規則と美容室

美容室・理容室を開業するあなたへ

スタッフ数が10人未満でも、就業規則を作るべき?

 

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

 

「就業規則は、スタッフがどれくらいの人数になったら作ればいいですか?」

 

 

 

 

 

 

このご質問を、オーナー様からよくいただきます。

 

 

 

 

 

 

「従業員が10人未満の場合、就業規則がいらない。」

 

 

 

 

 

 

というのは、あくまで最低限の条件です。

 

 

 

 

 

就業規則があると、経営する上で様々なメリットがありますので、

 

 

 

 

 

 

安定的に経営していきたいのであれば、10人未満でも作成することをオススメします。

 

 

 

 

 

労働問題の予防、スタッフさんの安心、経営の安定といったメリットがあるからです。

 

 

 

 

 

 

就業規則の目的は、お店ルールを全員で共有することにあります。

 

 

 

 

 

労働時間や賃金などの労働条件を明記し、

 

 

 

 

 

 

スタッフさんがそれをきちんと把握しておくことは、お店への信頼につながります。
 

 

 

 

 

 

また、お店のルールを明確にしておけば、

 

 

 

 

 

 

スタッフさんが問題行動を起こしたときに、ペナルティを課す根拠にもなりますし、

 

 

 

 

 

 

万が一、スタッフさんから訴訟を受けたときも、

 

 

 

 

 

どちらが「就業規則(お店のルール)」に反しているのかを

 

 

 

 

 

すぐに明らかにすることができます。

 

 

 

 

 

 

このように、万が一の時、

 

 

 

 

 

就業規則は大きな効力を発揮します。

 

 

 

 

 

 「うちは従業員10人未満なので、就業規則は必要ないかな。」

 

 

 

 

 

と考えて作成しないでいると、

 

 

 

 

 

思わぬ場面で足元をすくわれてしまうことがあるかもしれません。

 

 

 

 

 

どうか、お店の労務リスクは、1%でも下げておいてください。

 

 

 

 

 

ご心配な方は、社労士さんを紹介することも出来ますので、

 

 

 

 

 

 

お声がけください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

ふるさと納税と返礼品今年のふるさと納税は、5月31日が1つのリミット前のページ

保守的な税理士は、事業拡大を目指すオーナーさんには合わない次のページオーナーさんと税理士と

関連記事

  1. 理容室・美容室で、まずチェックすべき3つの費用 (飲食店・美容室の「3大経費」)
  2. 自己資金の重要性
  3. 3Dパース
  4. 美容室の自己資金と返済義務
  5. 銀行融資と内装・設備の見積書のリスク【銀行の地雷を踏まないように気を付けてください!】
  6. 【美容室・理容室のオーナーさんへ】ご自宅の家賃などを経費にできることを知っていますか?

最近の記事

  1. 給付延長
  2. 生命保険料控除
  3. 大切なのはキャッシュ
  4. 年末調整
  5. 足立区の美容室
  6. 専従者給与の変更
  7. 電子申告か、それ以外か
  8. 船橋の美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP