就業規則と美容室

美容室・理容室を開業するあなたへ

スタッフ数が10人未満でも、就業規則を作るべき?

 

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

 

「就業規則は、スタッフがどれくらいの人数になったら作ればいいですか?」

 

 

 

 

 

 

このご質問を、オーナー様からよくいただきます。

 

 

 

 

 

 

「従業員が10人未満の場合、就業規則がいらない。」

 

 

 

 

 

 

というのは、あくまで最低限の条件です。

 

 

 

 

 

就業規則があると、経営する上で様々なメリットがありますので、

 

 

 

 

 

 

安定的に経営していきたいのであれば、10人未満でも作成することをオススメします。

 

 

 

 

 

労働問題の予防、スタッフさんの安心、経営の安定といったメリットがあるからです。

 

 

 

 

 

 

就業規則の目的は、お店ルールを全員で共有することにあります。

 

 

 

 

 

労働時間や賃金などの労働条件を明記し、

 

 

 

 

 

 

スタッフさんがそれをきちんと把握しておくことは、お店への信頼につながります。
 

 

 

 

 

 

また、お店のルールを明確にしておけば、

 

 

 

 

 

 

スタッフさんが問題行動を起こしたときに、ペナルティを課す根拠にもなりますし、

 

 

 

 

 

 

万が一、スタッフさんから訴訟を受けたときも、

 

 

 

 

 

どちらが「就業規則(お店のルール)」に反しているのかを

 

 

 

 

 

すぐに明らかにすることができます。

 

 

 

 

 

 

このように、万が一の時、

 

 

 

 

 

就業規則は大きな効力を発揮します。

 

 

 

 

 

 「うちは従業員10人未満なので、就業規則は必要ないかな。」

 

 

 

 

 

と考えて作成しないでいると、

 

 

 

 

 

思わぬ場面で足元をすくわれてしまうことがあるかもしれません。

 

 

 

 

 

どうか、お店の労務リスクは、1%でも下げておいてください。

 

 

 

 

 

ご心配な方は、社労士さんを紹介することも出来ますので、

 

 

 

 

 

 

お声がけください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

ふるさと納税と返礼品今年のふるさと納税は、5月31日が1つのリミット前のページ

保守的な税理士は、事業拡大を目指すオーナーさんには合わない次のページオーナーさんと税理士と

関連記事

  1. 多店舗化と幹部育成
  2. あなたも気を付けて、開業失敗事例その①「自己資金不足」
  3. 美容室のエリート立地
  4. 美容室と税理士
  5. 開業と資金援助
  6. 美容室と家賃設定

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP