ずさんな決算書、試算表

税理士のこと

ずさんな決算書、試算表

 

税理士の山本です。

 

 

 

税理士の中には、資金調達・銀行対策についてザルな人もいます。

 

 

 

先日、ご相談にいらっしゃったオーナーさん。

 

 

 

決算書を見せていただいたところ、特別損失とすべきところが営業外費用で処理されていました。

 

 

 

当然ですが、経常利益の金額は大きく落ちます。

 

 

 

銀行が、当期利益より経常利益(+営業利益)を重視するのは、決算書の読み方を少し学べばわかること。

 

 

 

それを営業外費用で落とすということを平気でやる税理士もいます。

 

 

 

つまり、オーナーさんの決算書評価など二の次ということ。

 

 

 

確かにその税理士は安くやっているのかもしれませんが、

 

 

 

それで資金調達で不利になったら、本末転倒です。

 

 

 

多少高くても、しっかりアドバイスしてくれる税理士に変えるべきですが、

 

 

 

その前に、経営者としてやっておいていただきたいことがあります。

 

 

 

それは、決算書の読み方を最低限知っておくということ。

 

 

 

銀行への顧問税理士同伴が禁物であるように、

 

 

 

経営状況を数字で語れない経営者に、銀行は金を貸しません。

 

 

 

また、決算書が穴だらけでも、銀行は金を貸しません。

 

 

 

美容室の多店舗展開には、精度の高い決算書が欠かせません。

 

 

 

「うちの決算書って大丈夫かな。。。」

「うちの税理士、手を抜いてるんじゃないかな。。。」など、

 

 

 

決算書評価がご心配な方は確認させていただきますので、1度ご連絡ください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

業務委託と面貸し業務委託、面貸しスタイリストさんの社会的信用前のページ

なぜ不採用?自分でわからないですか?次のページ不採用の理由

関連記事

  1. 銀行格付け
  2. 美容室と経営
  3. 保険と税理士
  4. 美容室の利益とキャッシュ
  5. 格安・低料金の税理士・会計事務所の罠
  6. オーナーさんと税理士と

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP