美容業と流動比率

税理士のこと

美容業における、流動比率のワナ

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

「流動比率」

 

 

 

 

 

よく出てくる財務指標の1つですが、

 

 

 

 

 

美容業を知らない専門家は、こんなアドバイスをします。

 

 

 

 

 

「流動比率を上げましょう!理想は200%ですね。」

 

 

 

 

 

※流動比率とは、流動資産÷流動負債で計算されます

 

 

 

 

 

よく分からなくても安心してください。

 

 

 

 

 

 

大した指標じゃありません。

 

 

 

 

 

もしあなたが、顧問税理士やコンサルタントのような専門家から

 

 

 

 

 

「流動比率を上げましょう!理想は200%ですね。」

 

 

 

 

 

このようなアドバイスを受けているなら、

 

 

 

 

 

その人は、美容業の財務のことを分かっていないと思ってください。

 

 

 

 

 

正直に言うと、顧問税理士を変えるべきです。

 

 

 

 

 

なぜかというと、

 

 

 

 

 

流動比率が高くても、資金繰りが良くなるとは限らないからです。

 

 

 

 

 

流動比率が高くても、資金繰りを苦しめているお店もたくさんあります。

 

 

 

 

 

シンプルですが、

 

 

 

 

 

流動比率を上げるためには、流動資産が多いほうがいいわけです。

 

 

 

 

 

ただ、流動資産には、売掛金や在庫など、

 

 

 

 

 

現金化されていない資産が含まれています。

 

 

 

 

 

流動比率を上げるなら、技術商品・店販商品などの在庫を増やせばいいわけですが、

 

 

 

 

 

 

在庫を増やせば、資金繰りは厳しくなりますよね。

 

 

 

 

 

だから、美容業において流動比率は、

 

 

 

 

 

高ければいいという指標ではありません。

 

 

 

 

 

むしろ、経営判断を誤らせる指標の1つです。

 

 

 

 

 

あなたの顧問税理士や担当コンサルタントが、

 

 

 

 

 

本当に財務のことを分かっているか確かめたいなら、こんな質問をしてみてください。

 

 

 

 

「流動比率って、どれくらいにすべきですか?」

 

 

 

 

 

多くの人は、

 

 

 

 

「150%〜200%以上」

 

 

 

 

と、教科書通りに答えるでしょう。

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

「美容業のことをよくわかっていません。」

 

 

 

 

 

といっているのと同じことです。

 

 

 

 

 

美容業は、特殊です。

 

 

 

 

 

美容業を知らない人の言葉に惑わされないように、

 

 

 

 

 

くれぐれもご注意ください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

社会保険料は、当月徴収しましょう退職するスタッフさんから社会保険料を徴収できるかどうか?前のページ

新年明けましておめでとうございます次のページ新年のご挨拶

関連記事

  1. 税理士と学生さんと

    税理士のこと

    インターンの学生さんへ

    台風の風で吹き飛ばされそうな、…

  2. 税理士資格

    税理士のこと

    税理士業界 男性社員の就職と現実

    どの業界も同じかと思いますが、税理士業界も…

  3. 格安・低料金の税理士・会計事務所の罠
  4. 保険と税理士
  5. 高齢な税理士
  6. ずさんな決算書、試算表

    税理士のこと

    ずさんな決算書、試算表

    税理士の山本です。&n…

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP