業務委託と面貸し

美容室・理容室を開業するあなたへ

業務委託、面貸しスタイリストさんの社会的信用

 

税理士の山本です。

 

 

 

「利益がでないように適当に経費を付けて、確定申告すればいい。」

 

 

 

ある美容師さんが、

 

 

 

お店のオーナーさんからこういうことを言われていたそうです。

 

 

 

正社員→業務委託へ働き方を変え、個人事業主として確定申告をしていたそうですが、

 

 

 

お店からアドバイスされるがままに「利益がでないように適当に経費を付けて、確定申告すればいい。」

 

 

 

と言われたとのこと。

 

 

 

結果として納税はほぼなし。

 

 

 

そして、利益・納税がないために、個人事業主としての社会的信用も低い。

 

 

 

将来、ご自身のお店を持ちたいのであれば、

 

 

 

かなりのマイナススタートであることを意識しなければいけません。

 

 

 

もし、同じ金額を給与として受け取っていたら、

 

 

 

どれだけの社会的信用を積み上げられたでしょうか?

 

 

 

業務委託、面貸しが悪いわけではないのですが、

 

 

 

少なくとも、業務委託契約、面貸契約は個人事業主であることを正しく認識しなければなりません。

 

 

 

個人事業主の社会的信用は、何で作られるのかの教育もなく、

 

 

 

適当なアドバイスで脱税をそそのかされている。

 

 

 

「面貸の方が報酬が高い」とか、

「うちのお店は役職が上がると業務委託になる」とか、

 

 

 

しっかりとした説明もないまま雇用契約から業務委託契約にされてしまっている。

 

 

 

業務委託、面貸という働き方が悪いわけではなく、

 

 

 

メリット・デメリットの正しい伝え方、正しい理解は大切です。

 

 

 

キチンと納税をしないと、個人事業主としての社会的信用は得られません。

 

 

 

将来、ご自身のお店を持ちたいとお考えの美容師さんは、くれぐれもお気を付けください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

納期の特例源泉所得税(納期の特例)は、7月10日が納期限【スタッフさん10名未満のオーナーさんへ】前のページ

ずさんな決算書、試算表次のページずさんな決算書、試算表

関連記事

  1. 美容師さんと独立
  2. 個人事業と法人設立

    美容室・理容室を開業するあなたへ

    個人事業と会社設立の選択 どっちがお得なの?

    友人・知人問わず、事業を始めようとする人から相談を…

  3. 多店舗化と幹部育成
  4. 美容室の出店とコンビニ跡地
  5. 貯金ゼロで独立
  6. 任意継続

最近の記事

  1. 税理士変更
  2. 理美容室の賞与
  3. 家賃支援
  4. テナント支援
  5. 最低賃金
  6. 実質無利息
  7. 東金市の理美容室
  8. 山武市・美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP