便利アイテムと美容室リサーチ

美容室・理容室を開業するあなたへ

出店前の地域調査に行くときの、6つの必須アイテム

 

 

どうも。

 

 

 

 

 

先日、新規出店前の地域調査に出かけて、警察官に職質されたメガネ税理士です。

 

 

 

 

 

新規出店間には、地域調査に出かけますよね。

 

 

 

 

 

その時、持っていくと便利なアイテムが6つあります。

 

 

1.地図

 

 

 

広域地図と住宅地図の2つを準備していきましょう。

 

 

 

 

 

①広域地図には、駅・商業施設など、人口密集地、道路などを蛍光ペンなどでマークしていきます。

 

 

②住宅地図では、駅の出入り口や交差点、競合店などをマークします。

 

2.カメラ

 

 

今はスマートフォンで代用できますね。

 

 

風景や場所を、後で確認できるようにするために必要です。

 

3.メモ帳

 

調査中は、どうしても立ったまま気付いたことを記入することになるため、

 

 

硬い表紙のメモ帳が便利です。

 

 

また、サイズは、胸ポケットに入るサイズだと、すぐ出せて便利です。

 

4.多色ペンと蛍光ペン

 

 

書き込む内容別に、3色以上使い分けれるようにしておくと便利です。

 

 

後から地図を見たときに、どこに何があったか思い出しやすいです。

 

5.カウンター(数取器・手持ち型)

 

 

野鳥の会の人がよく持っているあれです。

 

 

自分の出店予定地の前面道路などに、1時間あたりどれくらいの人や車が通るのかを集計したりします。

 

 

こんなヤツです↓ アマゾンで簡単に手に入ります。

 

https://www.amazon.co.jp/プラス-数取器-

 

 

6.メジャー

 

 

道路幅など、気になった場所の幅を調べることができます。

 

 

車での来店に十分な横幅があるのか? 駐輪場の確保は可能な横幅か? など

 

 

 

以上6つが、実地調査をするときに持っていくと便利なアイテムでした。

 

 

 

 

 

実地調査の時は、地図をもってキョロキョロしたりするので、

 

 

 

「地域住民の方に怪しまれる。」

 

 

「警察官に職質される。」

 

 

「住宅街を歩いていると、犬に吠えられる。

 

 

 

といったことはあるあるなのですが、

 

 

 

その恥ずかしさを超えたところに、大事な情報がありますので、

 

 

 

ぜひ乗り越えてください。

 

 

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

税理士と無資格の職員税理士資格のない職員が打ち合わせに来ているなら、注意してください前のページ

出店前には、最寄り駅の出口調査をして勝率を上げましょう!次のページ千葉駅の美容室

関連記事

  1. 消費者金融
  2. タンス預金は、融資の時に自己資金と認められない可能性があるのを知っていましたか?
  3. ショッピングモールと美容室の立地戦略
  4. 美容室の開業時の融資失敗事例【公庫に断られた4つの理由】
  5. 理容室・美容室で、まずチェックすべき3つの費用 (飲食店・美容室の「3大経費」)
  6. 美容室の開業

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP