税理士と無資格の職員

税理士のこと

税理士資格のない職員が打ち合わせに来ているなら、注意してください

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

「税理士とは、契約の時に会ったきりで、その後は税理士資格のない担当者しか来ない。」

 

 

「1年間に1度も税理士と打ち合わせがない。来るのは担当者ばかり。」

 

 

「担当者がころころ変わる。」

 

 

 

 

あなたが、上記のどれかに当てはまるなら、税理士変更を検討したほうが良いかもしれません。

 

 

 

 

 

会計事務所は、顧問契約を結ぶとそのお客様に担当者がつきます。

 

 

 

 

「資格のある税理士と契約したはずなのに、顔を見せるのは無資格職員ばかりなんですよね。。。」

 

 

 

 

とてもよく聞くお悩みです。

 

 

 

 

資格者である税理士は、人件費が高いので、人件費の安い無資格職員を担当にする。

 

 

 

 

 

経営の観点から言えば、安い職員を上手く使っている事務所は、ある意味「商売上手」とも言えます。

 

 

 

 

 

ですが、注意してください。

 

 

 

 

 

本当に、担当者の技量はピンキリです。

 

 

 

 

 

 

他の業界と同様、会計業界も人材不足です。

 

 

 

 

 

足りないマンパワーを埋めるために、

 

 

 

 

知識も経験もない人材を採用して、担当させてるというケースもあります。

 

 

 

 

美容学校を卒業したばかりのアシスタントに、

 

 

 

 

 

トップスタイリストやディレクターの代わりをさせているようなものです。

 

 

 

 

 

今の会計事務所の担当者は、

 

命の次に大切な、あなたのお金のことを任せるに足りる相手なのかどうか。

 

 

 

 

ぜひ、1年に1度でいいので、自分に問いかけてみてください。

 

 

 

 

 

あなたのお店の成功を、いつも応援しています。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

【美容室・理容室のオーナーさんへ】ご自宅の家賃などを経費にできることを知っていますか?ビューティフルライフ ~ふたりでいた日々~前のページ

出店前の地域調査に行くときの、6つの必須アイテム次のページ便利アイテムと美容室リサーチ

関連記事

  1. 税理士と学生さんと

    税理士のこと

    インターンの学生さんへ

    台風の風で吹き飛ばされそうな、…

  2. 税理士の意見を鵜呑みにしない
  3. 美容室と経営
  4. 災害、税金の支援制度
  5. 税理士変更
  6. オーナーさんと税理士と

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP