クレジットカード決済のメリット・デメリット【美容室・飲食店】

美容室・理容室を開業するあなたへ

美容室のクレジットカード決済のメリット・デメリット

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

美容室は、現金商売の代表格といえども、

 

 

 

クレジットカード決済の対応はなくてはならないものとなっています。

 

 

 

 

 

そこで今日は、

 

 

美容室でクレジットカード決済を導入するメリットとデメリットを書いてみます。

 

 

クレジットカード決済の「メリット」

 

 

 

 

まず、「メリット」としては、

 

 

 

①「クレジットカードを利用しているお客様の集客に結び付くこと」

 

 

 

 

 

カードを使って、ポイントを貯めたいというお客様は多いですよね。

 

 

 

②「客単価が高くなること」

 

 

 

 

カード決済は、高価格帯のメニューや、団体での支払いに便利ですよね。

 

 

 

 また、市場調査では、支払額が1万円を超えると、

 

 

 クレジットカード決済が増える傾向にあることが知られています。

 

 

 

 

③「現金管理が楽になること」

 

 

 

 カード決済を導入すると、多額の金銭の管理をする必要がなくなります。

 

 

 
 客単価が高く、さらに利用者数が多い店ですと、

 

 

 

 

 

1日の売り上げが数十万円になることもあるでしょう。

 

 

 

 

 多額の現金を管理するのは、大変ですし、盗難・紛失・横領のリスクもあります。

 

 

クレジットカード決済の「デメリット」

 

 

 

一方、「デメリット」としては、

 

 

 

①「手数料が引かれてしまうこと」

 

 

 *だいたい3%~5%前後の手数料ですね。

 

 

 

 

②「入金サイトが遅れること」

 

 

 

 *多くの場合は、月2回前後のペースで口座に入金がありますね。

 

 

 

 1日~15日の売上が月末入金、16日~31日の売上が翌月15日入金などです。

 

 

 

 

③「端末費用がかかること」

 

 

 

 

 *0円で導入可能なところ~10万円程の端末費用がかかるところまで、

 

 

 

 

 クレジット決済代行会社によってまちまちですね。

 

 

 

 

 

 

こういったデメリットはありますが、

 

 

 

 

お店にクレジット決済を導入していないがために、

 

 

 

 

 

お客様を逃してしまう方が、はるかにダメージが大きいでしょう。

 

 

 

 

そのため、ほとんどのお店でクレジットカードを導入したほうがメリットは大きいと思います。

 

 

※客単価が低めで、回転数勝負のお店の場合は、この限りではありません

 

 

 

 

クレジット手数料が3%もっていかれたとしても、

 

 

 

 

そのお客様がリピーターになってくだされば、十分に回収できるからです。

 

 

 

 

 

ぜひ、あなたのお店でもクレジットカード決済を導入して、

 

 

 

 

 

「客数」と「客単価」が増えるメリットにより、利益アップを図ってくださいね。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

物件の現地確認で、必ずチェックしたい4つのポイント、その②「電気設備・ガス設備」物件の現地確認で、必ずチェックしたい4つのポイント、その②「電気設備・ガス設備」前のページ

青色申告のメリットその①「10万円または65万円を所得から引ける(青色申告特別控除)」次のページ青色申告のメリットその①「10万円または65万円を所得から引ける(青色申告特別控除)」

関連記事

  1. 開業失敗事例③「開業資金が予算をオーバーしたことにより、開業を断念したケース」
  2. 個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その①「社会的信用の違い」】
  3. 洋服代と経費、美容室と理容室
  4. 「クーポンの怖さ」【ホットペッパービューティー・食べログ・ぐるなび」などの掲載サイトの広告宣伝費】
  5. 青色申告と「所得税の青色申告承認申請書」の税務署への届出【期日は厳守です!】
  6. 美容室の内装工事代の平均

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP