営業利益が赤字

美容室・理容室を開業するあなたへ

営業利益が赤字でも倒産しないのはなぜ?

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

これから、開業なさる美容室オーナー様から、こんなご質問をいただきました。

 

 

 

 

「営業利益が赤字にもかかわらず、倒産しないのはなぜでしょうか?

 

営業利益が赤字ということは、その月の収入よりも支出の方が多いということですよね?」

 

 

 

 

 

お店が倒産するのは、手元資金が底をついた時です。

 

 

 

 

 

個人事業主のオーナー様の場合、その月の収入より支出が多くても、

 

 

 

 

 

預貯金があればそれを取り崩すことで、お店を続けていくことができます。

 

 

 

 

 

つまり、営業利益が赤字でも、手元資金があればすぐに倒産とはなりません。

 

 

 

 

しかし、営業利益が赤字の状態が続ければ、手元資金は少なくなっていきます。

 

 

 

 

 

そして、手元資金がなくなったタイミングで、

 

 

 

 

 

それ以上お店を続けることが不可能となり、倒産に至るということです。

 

 

 

 

 

営業利益が赤字でも、倒産にならないのは、

 

 

 

 

 

そういう理由なんだなと知っておいてください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

売上の推移売上高のトレンド(推移)は、銀行にチェックされている前のページ

銀行は、こうやってライバル行の動向をうかがっている次のページ美容室と銀行

関連記事

  1. 「銀行借入の返済期間」と「お店のリニューアル」は、重要な関係性があることを知っていますか?
  2. 美容室と家賃設定
  3. 千葉駅の美容室
  4. 期限延長と国税庁
  5. 理美容室・開業
  6. 美容室と信用金庫

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP