美容室の廃業

美容室・理容室を開業するあなたへ

理美容業の倒産動向調査2017(帝国データバンク)

 

 

メガネです。

 

 

理美容業の倒産動向調査の結果が、帝国データバンクから発表されています。

 

 

「2017年の倒産は151件、過去最多 ~ 大手との競争激化で中小倒産多発 ~」

 

 

帝国データバンクの倒産情報は、法律的に倒産したものが対象。

 

 

なので、個人の美容室が廃業しても含まれませんし、

 

法人で法的整理をしていない廃業も、ここには含まれません。

 

 

実際は、はるかに多いでしょう。

 

 

 

 

経営環境は厳しいですが、

 

 

立ち向かいましょう。

 

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と融資の面接融資の面接では、担当者とケンカしないようにお気をつけて!前のページ

固定資産税にも税務調査がきます【ぞわっとする怖さ】次のページ美容室とテナントの固定資産税

関連記事

  1. 美容室の開業当初における「広告宣伝費」の優先度【サロンにお客様を集客できてますか?】
  2. 面貸し、税務調査でやばし【面貸ししている美容室は、注意!】
  3. 開業失敗事例③「開業資金が予算をオーバーしたことにより、開業を断念したケース」
  4. 美容室の開業・独立前からホームページを作る3つのメリット
  5. 美容室の開業時の融資失敗事例【公庫に断られた4つの理由】
  6. 残業者に支給する食事は、原則、給与にならないことを知っていますか?

最近の記事

  1. 美容室とPCR検査
  2. キャリアアップ助成金
  3. 社会保険料と美容室・理容室
  4. 美容室・出店
  5. 理容師・美容師さんと社保の扶養
  6. 美容室と理容室の確定申告
  7. 美容師・理容師と失業給付
  8. 美容室・理容室と一時支援金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP