ネイルサロン、美容室、開業

美容室・理容室を開業するあなたへ

ネイルサロンの開業資金っていくらくらい?

 

 

ジェルネイルって、何だか美味しそうな響きだなと、

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

 

「ネイルサロンを開業したいのですが、どういう費用が必要になりますか?」

 

 

 

 

 

これから、ネイルサロン開業をお考えの女性からこんなご質問を頂きました。

 

 

 

 

 

こういった初期費用が必要になりますので、目安として知っておいてください。

 

 

 

 

1.不動産物件費用

 

 

マンションやアパートの1室などの「居住用物件(通称:自宅型)」で開業なさる場合は、

 

 

 

 

 

①前払家賃、②敷金、③礼金、④仲介手数料、⑤保証会社委託料、⑥火災保険料

 

 

 

 

 

が必要となります。

 

 

 

 

 

なお、地域にもよりますが、入居時に家賃の4~6ヶ月分はかかるでしょう。

 

 

 

 

 

なお、不動産管理会社に店舗(事業用)としての利用が可能がまずは確認をしてください。

 

 

 

 

 

※実は、不動産オーナーさんの意向で、事業用としての利用がダメな物件も多いです

 

 

 

 

 

一方、

 

 

 

 

 

「店舗用物件(通称:店舗型)」で開業なさる場合は、

 

 

 

 

 

上記に加えて、家賃の6~12ヶ月程度の保証金が必要となります。

 

 

 

 

 

そのため、

 

 

 

 

 

①「居住用物件」なら、家賃の4~6カ月分

 

 

 

 

 

②「事業用物件」なら、家賃の10~18か月分

 

 

 

 

 

の不動産物件費用が、かかるもんだと思ってください。

 

 

 

 

2.内外装の工事費用

 

 

受付カウンターを設置したり、店舗内に仕切りを作るなどの内装工事。

 

 

 

 

 

 

また、外装工事や看板設置などもするかもしれません。

 

 

 

 

 

その際は、まずは業者へ問い合わせをして、

 

 

 

 

 

自分のイメージを伝え見積りを作成してもらいます。

 

 

 

 

 

なお、内装費は節約できるポイントですので、

 

 

 

 

 

必ず、複数業者で相見積もりをすることをオススメします。

 

 

 

 

3.機材・備品

 

 

施術用のイスや机、ネイル道具をはじめ、ネイル用品を収納するキャビネット、

 

 

 

 

 

雑誌を置くマガジンラック、タオル、スリッパなどです。

 

 

 

 

 

加湿器やアロマディフューザーなどの家電の費用もここに含まれます。

 

 

 

 

 

また、電話やパソコンのほか、タオルをサロンで洗濯する場合は、洗濯機なども必要です。

 

 

 

 

4.広告宣伝費

 

 

 

ホットペッパービューティーなどの掲載費、ホームページ、チラシ、ショップカードなどです。

 

 

 

 

 

意外とみなさん、開業時に資金を確保しないのですが、

 

 

 

 

 

固定客が0人の状態で開業するなら、

 

 

 

 

 

広告宣伝費は、開業後の売上に直結しますので、必ず資金を確保しておいてください。

 

 

 

 

 

※欲を言えば、100万円は欲しいです。

 

 

 

 

5.運転資金

 

 

経営が軌道に乗るまでの、サロンの運営費(賃貸料や光熱費、備品代など)、

 

 

 

 

 

つまり、ランニングコストです。

 

 

 

 

 

オープン直後は、赤字が当たり前です。

 

 

 

 

 

そこから黒字になるまで、6カ月以上かかることも珍しくありません。

 

 

 

 

 

できれば、「家賃+光熱費+ネイル用品(仕入・消耗品)」の6か月分は確保しておいてください。

 

 

 

 

 

6.まとめに

 

 

いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

自宅型で初期投資を抑えて、300万円~

 

 

 

 

 

店舗型で内装設備にこだわると、700万円~

 

 

 

 

 

これくらいは、最低でもかかるかなというのが、これまでの経験則です。

 

 

 

 

 

※居抜き物件でしたら、もっと安くいけます

 

 

 

 

 

もちろん、すべて自己資金でまかなうのは、現実的ではありません。

 

 

 

 

 

みなさん、「自己資金+銀行融資」で開業資金を準備します。

 

 

 

 

 

融資を受けれるのは、自己資金の2倍~3倍くらいが目安ですので、

 

 

 

 

 

900万円の開業資金が必要なら、

 

 

 

 

 

250万円~300万円くらい、自己資金を準備していただくことをオススメします。

 

 

 

 

 

※自己資金300万+融資600万というイメージです

 

 

 

 

 

「私、融資受けれるかな?」

 

 

 

 

 

と心配なら、私に相談してください。

 

 

 

 

 

あなたが、理想とするお店をオープンできますように。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と、高齢の税理士高齢税理士と廃業リスク前のページ

美容室の銀行対策次のページ美容室の銀行対策

関連記事

  1. 美容室と信用情報のチェック
  2. 女性と軽自動車、立地調査
  3. 経営者の略歴
  4. 物件の現地確認で、必ずチェックしたい4つのポイント、その①「給排水設備」
  5. 美容室の物件契約と、定期借家契約のおそろしさ
  6. 美容室と銀行融資

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP