プライベートサロンの開業

美容室・理容室を開業するあなたへ

プライベートサロンで独立するなら、必ず気にしていただきたいこと【ご家族の生活を守るため】

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

「セット面1~2、シャンプー台1くらいのプライベートサロンを開業したいのですが。」

 

 

 

先日、プライベートサロンでの独立をお考えの方の開業相談をさせていただきました。

 

 

 

小規模でサロン開業をご希望のオーナー様に、必ずお聞きしている質問があります。

 

 

 

それは、

 

 

 

「席数を考えると〇万円前後が売上の上限となりますが、それでも大丈夫ですか?」

 

 

「将来、事業が軌道に乗って店舗展開したくなった時、

1店舗目がプライベートサロンだと店舗展開しづらいというデメリットもありますが、大丈夫ですか?」

 

 

 

というような、デメリットについてです。

 

 

 

これから開業しようとしているお店は、どんなメリット・デメリットがあるのか。

 

 

 

オーナー様には、それをしっかりとご認識いただいた上で、

 

 

 

選択していただきたいと考えているからです。

 

 

 

「売上の上限が決まってしまう。」

 

 

 

これがプライベートサロンの1番のデメリットだったりします。

 

 

 

そのため、プライベートサロンで、オーナー様とご家族の生活を守ろうとするならば、

 

 

 

それはそれは慎重に検討する必要があります。

 

 

 

もちろん、私のお客様の中にも、

 

 

 

プライベートサロンで月商100万~200万のオーナー様だっていらっしゃいます。

 

 

 

ただ、そうそう実現できる数字ではありませんし、

 

 


そのオーナー様も「自分が50~60歳になるまで、この売上をキープするのは難しい。」と仰っているくらいです。

 

 

 

 

一方、もし、ご主人が必要な生活費を稼いで、

 

 

 

奥様がプライベートサロンで、生活費+@の収入を確保する。

 

 

 

これならプライベートサロンであっても何の問題もありません。

 

 

 

つまり、「安定した生活基盤が確保できるかどうか。」

 

 

 

というのがポイントだからです。

 

 

 

いつかは自分のお店を持ちたい。

 

 

 

でも、大きなお店は作りたくない。

 

 

 

こんな前提で、美容室の開業を考えていらっしゃる方は、特に気にかけていただきたい思います。

 

 

 

開業後のランニングコストのシミュレーションをするだけでも、

 

 

 

どのくらいの売上が必要か、現実的な数字が見えてきます。

 

 

 

オーナー様とご家族の生活を守るためです。

 

 

 

気になる方は遠慮なくご相談ください。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

関連記事

  1. 高すぎ!?美容室とホットペッパービューティーの広告宣伝費について【新規顧客からリピーターへ】
  2. シニア世代の女性と美容室のカラー需要【あなたの技術を必要としている人がいます】
  3. 美容室と信用情報のチェック
  4. 物件の現地確認で、必ずチェックしたい4つのポイント、その②「電気設備・ガス設備」
  5. 美容室・理容室の開業と、自己資金の貯金
  6. 開業のポイント

最近の記事

  1. 開業と減給
  2. 面談と通帳
  3. 美容室と自己資本比率
  4. 美容室と在庫
  5. 美容室と粉飾決算
  6. 貸借対照表のスリム化
  7. 美容室と年末調整
  8. 美容室と住宅ローン控除

アーカイブ

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP