サロンの移転拡大

美容室と集客

移転拡大するメリット・デメリットを考えてみましょう【2店舗目以外の選択肢】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

「スタッフの数が増えて、今の店舗が手狭になってきたな~。」

 

 

 

 

そんな時、2店舗目を出す以外の選択肢、

 

 

 

 

さらに坪数の多いテナント物件を探して、

 

 

 

 

サロンの「移転拡大」を選ぶ方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

そこで今日は、「移転拡大」のメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

「移転拡大」のメリットは、

 

 

 

 

①常にスタッフさんが、目の届く距離にいること。

 

 

 

 

 ・・レジから現金を抜かれたり、他のスタッフを連れて独立といったリスクを下げられます

 

 

 

 

②セット面が増えるので、さらに増収が見込めること

 

 

 

 

③地域におけるブランド力が高まること。

 

 

 

 

 ・・大きなサロンは、やはり目に付きますよね

 

 

 

 

一方、「移転拡大」のデメリットは、

 

 

 

 

①1号店出店時の投資がムダになる。

 

 

 

 ・・内外装の費用など

 

 

 

 

②成功実績を作った場所を離れなければならなくなる。

 

 

 

 ・・既存のお客様が離れていくことを覚悟しなければなりません

 

 

 

 

③1店舗での移転拡大は、いつか拡大に限界が来る。

 

 

 

 ・・物件の大きさには限界がありますし、地域の人口に比して大きすぎてもいけません

 

 

 

 

 

このようなデメリットが存在します。

 

 

 

 

「自分の目の届く範囲で、質の高いサービスを提供していきたい!」

 

 

 

 

とお考えなら「移転拡大」がベストの選択肢になるかもしれません。

 

 

 

 

一方、

 

 

 

 

「行けるところまで、サロンの成長拡大を目指していきたい!」

 

 

 

 

とお考えなら、「2店舗目の出店」という選択肢が望ましいのかもしれません。

 

 

 

 

同じ成長拡大でも、道は異なります。

 

 

 

 

あなたにとってベストな選択になるように、

 

 

 

 

「移転拡大」のメリット・デメリットは知っておいていただければと思います。

 

 

 

 

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と店舗の距離1号店と2号店を近い立地にすると、こんなメリットが得られます【スタッフ編】前のページ

どんなロードサイドかによって、効果的な看板の出し方が違うんです次のページ美容室と看板戦略

関連記事

  1. 街路樹と美容室の看板戦略
  2. 美容室の商圏分析
  3. 子連れOKな美容室
  4. 看板戦略と知名度

    美容室と集客

    こんな看板業者に注意してください

    どうも、メガネ税理士です。…

  5. ポスティング会社と美容室
  6. 美容室と変身願望

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業
  6. 月次支援金と理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP