防災用品と美容室

法人を経営するオーナーさんへ

防災用品を常備する美容室オーナーさん

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

最近、震災に備えて、

 

 

 

 

 

非常食などを店舗に用意するオーナーさんが増えています。

 

 

 

 

 

「大切なスタッフの命を預かっていますからね。」

 

 

 

 

 

あるオーナーさんのお言葉です。しびれますね。

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

 

 

 

 

東京都では、「東京都帰宅困難者対策条例」を定めており、

 

 

 

 

スタッフさん1人当たり3日分(計9食)の食料を備蓄するよう求めています(努力義務です)。

 

 

 

 

 

人命救助のリミットが72時間(3日)以内と言われていることから、

 

 

 

 

 

 

備蓄も3日分と定めているようです。

 

 

 

 

 

一般的に非常食というとカンパンのイメージが強いかと思いますが、

 

 

 

 

 

最近は保存技術が発達し、

 

 

 

 

 

長期保存できるお菓子やパンなど、種類も豊富にあります。

 

 

 

 

ちなみに、

 

 

 

 

 

非常食は、減価償却資産に含まれないので、

 

 

 

 

 

賞味期限が何年であっても資産計上されることはありません。

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

 

非常食は、買った時に費用にできますので、

 

 

 

 

 

震災に備えた非常食の購入は、

 

 

 

 

 

①必要性が高く。

 

 

 

 

 

②即効性のある節税にもなる。

 

 

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

災害時は、

 

 

 

 

 

一定期間、スタッフさんがお店に滞在できるよう、

 

 

 

 

 

非常食、飲料水、災害用トイレ等の備蓄をお忘れなく。

 

 

 

 

 

【山本のひとりごと】

 

 

被災地では、モバイルバッテリーが大活躍したようですね。

 

 

 

今年は、停電時にも充電できるソータータイプのバッテリーの受注が増えてるとのこと。

 

 

 

私も1つ買っておこうかな。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と最低賃金最低賃金が10月から上がります。美容室オーナーの皆さま、ご確認を。前のページ

美容室とふるさと納税次のページ美容室とふるさと納税

関連記事

  1. 実質黒字
  2. 個人事業から会社にするメリット、その②「給与所得控除が使える」(法人化・法人成りのメリット)
  3. 美容室と保険
  4. 個人事業から会社にするメリット、その③「社宅契約で節税できる」(法人化・法人成りのメリット)
  5. 不動産情報の宝庫
  6. 美容室と社長貸付

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP