無断キャンセル対策

法人を経営するオーナーさんへ

「ノーキャンドットコム」【美容版】がスタート!

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

「ノーキャンドットコム」の美容版がリリースされました。

 

 

 

飲食店の無断キャンセルのトラブルは、1度は聞いたことがあると思います。

 

 

 

団体のお客様が予約をしていたにも関わらず、当日来店しない。

 

 

 

忘年会の時期には、必ず話題に上がるニュースです。

 

 

 

そして、この問題を解決しようと弁護士さんが開始したのが、

 

 

 

「ノーキャンドットコム」という無断キャンセル予防&債権回収の代行サービスです。

 

 

 

目的は、無断キャンセルによるお店の損害を少しでも減らすことにあります。

 

 

 

そしてつい先日、この美容室版がスタートしたそうです。

 

 

 

「ノーキャンドットコム【美容版】」

 

 

 

美容室ですと、飲食店のように団体予約のキャンセルといった数十人規模の損害は出ないわけですが、

 

 

 

1人の方が無断キャンセルすることで受ける影響は、決して少なくありません。

 

 

 

「その時間帯に予約を入れたかった、別のお客様がいたかもしれない。」

 

「そのお客様がリピーターになってくださったかもしれない。」

 

「スタッフのスケジュール調整までしたのに。」

 

 

 

など、お店が受ける影響を考えはじめるとキリがありません。

 

 

 

今はネットで簡単に予約が取れてしまうので、

 

 

 

予約が便利で簡単になった分だけ、無断キャンセルを生む原因にもなっています。

 

 

 

「無断キャンセルをするとこんなに店側に迷惑がかかるんだ。」

 

 

 

という認識が足りていない社会の現状もあると思いますので、

 

 

 

こういったサービスが世の中に存在することを、

 

 

 

早く沢山の人が知ってくれるといいなと願ってやみません。

 

 

 

そして、無断キャンセルで困る美容室のオーナーさんが、

 

 

 

1人でも減ってくれるといいなと願ってやみません。

 

 

 

それでは。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

カフェで仕事カフェで1人仕事をするときのコーヒー代は、経費になりますか?前のページ

オーナーさんの個人資産があれば、銀行へのアピールに使えます〇次のページオーナーさんの個人資産

関連記事

  1. 個人事業から会社にするメリット、その⑤「生命保険で節税できる」(法人化・法人成りのメリット)
  2. 美容室と不正
  3. 美容室と商品券

    個人事業主のオーナーさんへ

    美容室と商品券の謝礼

    「お客様へ、紹介謝礼として商品…

  4. 個人事業から会社にするメリット、その③「社宅契約で節税できる」(法人化・法人成りのメリット)
  5. 美容室と家賃交渉
  6. 美容室と未払残業代

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP