美容室とPCR検査

個人事業主のオーナーさんへ

「PCR検査」は医療費控除の対象になりますか?

 

 

税理士の山本です。

 

 

「PCR検査を受けたのですが、

この検査費用は確定申告で医療費控除になりますか?」

 

 

先日、オーナー様からこんなご質問をいただきました。

 

 

結論からお伝えすると、PCR検査が医療費控除できるかどうかは、

以下の3つのパターンでわかれます。

 

 

①「医師の判断」によりPCR検査を受けた場合

 

コロナにかかっている疑いのある方に対して行うPCR検査など、

医師等の判断により受けたPCR検査の検査費用は、医療費控除の対象となります〇。

 

 

②自己判断によりPCR検査を受け、「陽性」であることが判明した場合

 

PCR検査の結果、「陽性」であることが判明し、引き続き治療を行った場合には、

その検査は治療に先立って行われる診察と同じと考えることができますので、

検査費用については、医療費控除の対象となります〇。

 

 

③自己判断によりPCR検査を受け、「陰性」であることが判明した場合

 

単に感染していないことを明らかにする目的で受けるPCR検査など、

自己の判断により受けて+「陰性」だった場合のPCR検査の検査費用は、

医療費控除の対象となりません×。

 

 

以上3パターン。

①or②に該当する場合、医療費控除の対象となりますので、

該当する方は医療費控除に含めて申告なさるようにしてください。

 

 

 

今月2月17日より、新型コロナウィルスのワクチンの接種が始まりましたね。

ワクチンの接種費用は無料とのことですので、

これをきっかけに少しでも早く収束して欲しいものです。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

キャリアアップ助成金令和3年度のキャリアアップ助成金【5%→3%の賃金増額へ緩和】前のページ

「年収」100万円だった女性美容師さん、独立して「納税」が100万円に次のページ女性美容師さんの独立

関連記事

  1. 予定納税
  2. インフルエンサー
  3. 美容室の社会保険調査
  4. 役員報酬が高額だと融資に不利
  5. 従業員への貸し付け
  6. 美容師さんと副業

    個人事業主のオーナーさんへ

    副業とオーナーさんの気持ち

    「お店に隠れて副業しています。…

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP