カフェで仕事

会計・経費のこと

カフェで1人仕事をするときのコーヒー代は、経費になりますか?

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

「カフェで1人仕事をするときのコーヒー代は、経費になりますか?」

 

 

 

オーナー様から、こんなご質問をいただきました。

 

 

 

・家では集中して作業できないし、

 

・お店のバックルームも事務作業をするには向かない

 

 

 

そんなオーナー様の多くは、カフェなどで仕事をなさることもあると思います。

 

 

 

こういったケースでは、経費になるのでしょうか?

 

 

 

1.「飲み物代」は、経費になる〇

 

 

まず、カフェなどで1人仕事をするときの「飲み物代」は、経費になります。

 

 

 

1人でパソコンを広げて仕事をする、仕事関連の読書・勉強をする、というような場合ですね。

 

 

 

この場合にカフェやファミレスで支払う飲み物代は、

 

 

 

「仕事をするための場所代」の支払いに他なりませんので、経費にすることができます。

 

 

 

2.「食べ物代」は、経費にならない×

 

 

では、飲み物といっしょに、ごはんやスイーツを頼んだらどうなるでしょうか?

 

 

 

結論からお伝えすると、「食べ物代」は、経費になりません。

 

 

 

「飲み物代」は経費になるのに、なぜ「食べ物代」はダメかというと、

 

 

 

ごはんやスイーツなどの「食べ物代」は、もはや「仕事をするための場所代」とは言えないからです。

 

 

(カフェで仕事をするのであれば、席を確保するのに最低限飲み物の注文を求められますが、

食べ物を頼まなくても仕事はできてしまうからです。)

 

 

 

場所代の粋を超えて、「単なるプライベートの食事」となるため、経費にならないということです。

 

 

 

したがって、1人仕事の飲食で経費になるのは、「飲み物代」だけと覚えておいてください。

 

 

 

 

【ちなみに】

 

カフェでひとり仕事をする際に、コーヒーだけではなく食べ物も頼んでしまったら?

 

 

 

その瞬間、全額経費にならない!かというと、そうでもありません。

 

 

 

受け取ったレシートの食べ物には、ペンで取消し線を引いて、コーヒー代だけを経費にするといいです。

 

 

 

ただし、いつも食べ物も注文していると、

 

 

 

仕事がメインなのか、食事がメインなのか、第三者から見たらわからなくなってしまいます。

 

 

 

そうなってしまうと税務調査で、

 

 

 

「プライベートの飲食じゃないですか?(経費じゃありませんよね?)」

 

 

 

と指摘を受けることになりかねませんので、1人仕事での「食べ物」は、ほどほどにしておきましょう。

 

 

 

それでは。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

歩合と残業代「歩合」にも残業代がかかることは、あまり知られていない前のページ

「ノーキャンドットコム」【美容版】がスタート!次のページ無断キャンセル対策

関連記事

  1. 交際費の使い過ぎ
  2. 忘年会の領収書
  3. 月次決算の美容室
  4. 営業利益と経常利益
  5. カット代と経費
  6. 固定費の管理

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP