美容室と家賃交渉

個人事業主のオーナーさんへ

家賃の減額交渉をする+引下げに成功するオーナー様が増えてきている【コロナ対策】

 

 

税理士の山本です。

 

 

コロナによる売上減少対策として、

「テナントの家賃減額交渉」をなさるオーナー様が増えてきています。

 

 

貸す側の大家さんも、「コロナ」というパワーワードを出すと事情を分かってくださる方がほとんど。

私のお客様でも、5~10%ほど引下げに成功するオーナー様が増えてきています。

 

 

やり方は簡単。

テナントの管理会社に電話して、

 

 

「コロナの影響で売上が下がっているので、

コロナが終息するまで家賃を下げてもらえるよう大家さんにご相談いただけませんか?」

 

 

と電話をすれば相談に乗ってくれます。

 

 

もちろん、永久に減額というのは難しいので、

 

 

「コロナが終息したら、家賃を戻す」

 

「売上が元に戻ったら、家賃を戻す」

 

 

などという条件付きで減額されることになりますが、

何にせよ固定費である家賃引下げが、資金繰りに与える効果は大きいです。

 

 

コロナの影響による売上減少で、家賃負担が大きくなってきているオーナー様はぜひご検討ください。

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と法人オーナー新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応に関するFAQを公表(国税庁)!前のページ

融資の相談は、公庫→民間の金融機関の順番がオススメ【コロナ対策】次のページ東京都のコロナ融資

関連記事

  1. 美容室と社保削減のための個人成り
  2. 青色申告のメリットその④「『貸倒引当金』でリスクを経費にできる」
  3. バーチャルオフィス
  4. 法人で金融商品は買わないで欲しい
  5. 美容室の居抜き
  6. 小規模企業共済と退職金

最近の記事

  1. 美容室とPCR検査
  2. キャリアアップ助成金
  3. 社会保険料と美容室・理容室
  4. 美容室・出店
  5. 理容師・美容師さんと社保の扶養
  6. 美容室と理容室の確定申告
  7. 美容師・理容師と失業給付
  8. 美容室・理容室と一時支援金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP