東京都のコロナ融資

銀行・融資・財務のこと

融資の相談は、公庫→民間の金融機関の順番がオススメ【コロナ対策】

 

 

税理士の山本です。

 

 

小池都知事のTwitterより、

 

 

「年度末の今日、新型コロナ対策対応に係る中小企業制度融資について、

当初の248億円を大幅に上回る申込みに対応するため、融資枠を1200億円まで引き上げ

これを担保するため、専決処分で250億円分の予算を積み増しました。

信用保証料は東京都が全額補助します。

 

 

中小起業への支援が進んでいますね。

 

 

ちなみに今日も東京の金融機関から、お客様の融資の進捗をご連絡いただきました。

ありがたい限りです。

 

 

政府や各自治体が出しているコロナ対策融資制度は、

基本的には前年より売上が下がっていることによって受けることができます。

 

 

詳細は割愛しますが、

まず検討して欲しいのが、日本政策金融公庫の融資制度。

 

 

なぜここから検討したほうがいいのかというと、

それは「無担保・無利息」で借りれる制度があるから。

これは政府系金融機関の特権ですね。

 

 

ちなみに、安倍首相は先日の会見で、

民間の金融機関にも無利子・無担保の融資制度を受けられるようにすると言っていましたが、

まだ正式には決まっていません。

 

 

そのため、今はまず、日本政策金融公庫に相談に行くことをお勧めしています。

 

 

そして、もし「無利子・無担保」の融資条件に当てはまらなければ、

民間の銀行や信用金庫に相談に行ってください。

 

 

この順番を知ってるだけで、

利息の負担があるかないかが変わります。

 

 

あなたの顧問税理士は、こういった情報を伝えてくれていますか?

情報をちゃんとキャッチして生かすとお店の資金繰りは変わります。

 

 

逆に、情報を早く取得して早く動かないと、

最悪の場合、融資の予算がなくなり打ち切られるリスクもあります。

 

 

何はともあれ、資金調達をご検討なさっているオーナー様は、

お早めに公庫・金融機関にご相談を。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と家賃交渉家賃の減額交渉をする+引下げに成功するオーナー様が増えてきている【コロナ対策】前のページ

新型コロナウイルス感染症で影響を受けているオーナー様へ【経済産業省パンフレット】次のページコロナ対策と理美容業

関連記事

  1. 借りやすい時期、美容室
  2. 信用保証協会の保証枠
  3. スタッフの退職
  4. 銀行の金利動向
  5. 美容業の店舗への訪問
  6. 美容室・埼玉

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP