美容室のフランチャイズ契約

法人を経営するオーナーさんへ

ルールを作れることが、最大の武器【美容室のフランチャイズ】

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

フランチャイズ本部と加盟店は、「同じ立場」ではありません。

 

 

 

本部と加盟店の間には、仕組みを「売る側」「買う側」の間で定められたルール(契約書)がありますので、

 

 

 

どうしても「本部>加盟店」という関係にならざるを得ません。

 

 

 

ルールを作れる。

 

 

 

何といっても、これがフランチャイズ本部の強力な武器です。

 

 

 

政治でもスポーツでも、ルールを作る人たちが有利になるようにできています。

 

 

 

ただ、いくらルールを作れるといっても、フランチャイズ本部だけに有利なものであれば、

 

 

 

加盟店のオーナー様は納得しません。

 

 

 

ですので、「一定の手順を踏めばルールは変えられる。」

 

 

 

という道があるということも、加盟店オーナー様には知っておいていただく必要があります。

 

 

 

また、契約内容が厳しすぎればすぎるほど、FCオーナー様の出店スピードが落ちるという関係にありますので、

 

 

 

フランチャイズによって、直営店・FC店舗を含めたグループ全体の出店を加速させたいとお考えのときは、

 

 

 

特に、本部・加盟店の双方にとってメリットがあるように、契約書を作り込むことが大切です。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容業と整体院整体院の創業融資は、美容室とはちょっと違います【異業種に参入するオーナー様へ】前のページ

美容器具のレンタルサービスで、来店回数を上げるオーナー様次のページ美容機器のレンタルサービス

関連記事

  1. 美容室と未払残業代
  2. 美容室と協賛金
  3. 実質黒字
  4. 最低賃金
  5. 美容室と雑費
  6. 個人事業から会社にするメリット、その①「信用力が上がる」(法人化・法人成りのメリット)

最近の記事

  1. iDeCo(イデコ)
  2. 給付延長
  3. 生命保険料控除
  4. 大切なのはキャッシュ
  5. 年末調整
  6. 足立区の美容室
  7. 専従者給与の変更
  8. 電子申告か、それ以外か

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP