決算書を読み切る

会計・経費のこと

決算書を読み切るなんて、まずできません

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

いやはや、税理士にあるまじき記事タイトルですね(笑

 

 

 

 

 

実は先日、会計ソフトメーカーの方とお話しまして、

 

 

 

 

 

会計事務所で使うような、プロ使用のお高い会計ソフトって、

 

 

 

 

 

決算書と一緒に、決算書の数字を分析した「財務分析資料」が作れるんですよ。

 

 

 

 

 

 

やたら分厚くて、比率やら、%やらの数字がたくさん並んだ資料が。

 

 

 

 

 

で、その会計ソフトメーカーの方に何をお伝えしたかというと。

 

 

 

 

 

「こんな分厚い資料、何の役にも立たないですよね。」

 

 

 

 

 

というお話です(ソフトメーカーの方、すみません)。

 

 

 

 

 

 

正直にお伝えすると、ほとんどがどうでもいい数字です。

 

 

 

 

 

それに、そもそも会計事務所のスタッフであっても、

 

 

 

 

 

この資料の全体を理解して、

 

 

 

 

 

経営にとって意味のあるアドバイスをやりきれる人は、5%もいません(断言)。

 

 

 

 

 

それぐらい、決算書を全て読み解くというのは大変な作業です。

 

 

 

 

 

しかもそれって、お店を経営するオーナーさんにとっては、

 

 

 

 

 

実はどうでもいいことなんです。

 

 

 

 

 

経営にとって重要じゃない細かい数字なんて、

 

 

 

 

 

見ないほうがマシだからです。

 

 

 

 

 

人の脳みそのメモリーには限りがあるんですから、

 

 

 

 

 

余計な情報はいりません。

 

 

 

 

 

ノイズになります。

 

 

 

 

 

そもそも「美容室・理容室」で押さえておくべき数字は決まってます。

 

 

 

 

 

もっと言えば、

 

 

 

 

 

「利益を出すために、売上をいくら増加させて、主要な経費をいくら削減しましょう。」

 

 

 

 

 

ということがわかればいいわけで。

 

 

 

 

 

そういう、大事な部分だけが分かってさえいれば、

 

 

 

 

 

決算書は読み込める必要すらありません

 

 

 

 

 

だから、税理士には、こう聞いてください。

 

 

 

 

 

「細かい数字の説明はどうでもいいから、大事な部分だけシンプルに教えてくれ。」

 

 

 

 

 

と。

 

 

 

 

 

それさえ分かれば、あとは行動あるのみです。

 

 

 

 

 

行動からしか、お店の利益は生まれませんから。

 

 

 

 

 

決算書をどんなに見たって、お金は増えません。

 

 

 

 

 

 

だから、お店を経営するオーナーの皆さまは、

 

 

 

 

 

ぜひ覚えておいてください。

 

 

 

 

 

「決算書は読み切る必要はありません。大事な数字だけわかってれば良いです。」

 

 

 

 

 

で、どこが大事な数字か気になる方は、私に聞いてください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

会社の登記簿謄本美容室以外の事業を、法人で行う時の注意点前のページ

配当を支給しても、節税にはなりません次のページ配当は節税にはならない

関連記事

  1. 増税前にアップデート
  2. 「領収書」と「レシート」の違い【どっちをもらえばいいのか迷ってませんか?】
  3. 月次決算の美容室
  4. 美容室オーナーさんと、早食いと
  5. 減価償却費のない決算書・試算表
  6. 美容師の忘年会

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP