美容室と店舗ごとの収益

会計・経費のこと

2店舗以上経営している場合、店舗ごとの成績を把握してください。

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

2店舗以上経営している場合には、

 

 

 

 

必ず店舗ごとの成績を把握するようにしてください。

 

 

 

 

①経営管理に役立つのは、もちろんのこと、

 

 

 

 

②融資で役立つためです。

 

 

 

 

融資の視点でお伝えすると、

 

 

 

 

2店舗以上、店舗を経営している場合、

 

 

 

 

必ずと言っていいほど、店舗ごとの成績をヒアリングされます。

 

 

 

 

もちろん、銀行評価は、店舗ごとの成績を把握されているオーナーさんが高くなります。

 

 

 

 

 

複数の店舗を運営している場合、

 

 

 

 

「全体の成績」のほか「店別ごとの成績」を確認してきます。

 

 

 

 

 

店舗の中にはきちんと採算が取れているところもあれば、

 

 

 

 

赤字となっている店舗もあって当然です。

 

 

 

 

そのため、赤字の店舗があるからダメだということは、全くありません。むしろ自然です。

 

 

 

 

 

そして、このポイントを、

 

 

 

 

ぜひ覚えておいていただきたいのですが、

 

 

 

 

銀行さんは、

 

 

 

 

 

「店舗ごとの成績をきちんとオーナーさんが把握し、

 

赤字店舗がある場合、黒字転換への対策を検討しているかどうか。」

 

 

 

 

 

を、とても知りたがっています。

 

 

 

 

 

また、

 

 

 

 

 

「赤字店舗のマイナスをカバーするために、

無理に新規出店を重ねてないか。」

 

 

 

 

 

も確認されています。

 

 

 

 

 

赤字店舗があると、銀行に提出したくない。

 

 

 

 

 

という考えも浮かぶと思いますが、

 

 

 

 

 

提出しないと、むしろマイナスです。

 

 

 

 

 

情報開示に協力的でないと、

 

 

 

 

 

銀行の融資態度は、厳しく保守的なものとなります。

 

 

 

 

 

むしろ、赤字店舗の存在を認めつつ、

 

 

 

 

 

積極的に情報開示をした方が評価が高くなります。

 

 

 

 

まとめに

 

 

①2店舗以上経営している場合には、

 

 

 

 

 

必ず店舗ごとの成績を把握するようにしてください。

 

 

 

 

 

※税理士に「店舗ごとの試算表」必ず依頼してください。

 

 

 

 

 

というより、美容室でこのデータを提供されてないのであれば、

 

 

 

 

 

手を抜かれています。

 

 

 

 

 

経営管理における最重要情報の1つが提供されていないなら、

 

 

 

 

 

あなたのことを親身に考えているとは言えません。

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

②「店舗ごとの成績をきちんとオーナーさんが把握し、

 

 

赤字店舗がある場合、黒字転換への対策を検討しているかどうか。」

 

 

 

 

 

これを説明できるようにしておいていただけると、

 

 

 

 

 

融資の面談では、評価が高くなりますので、

 

 

 

 

 

ぜひ、知っておいてください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

共通点成功している中小企業の4つの共通点前のページ

信用保証協会の保証枠は、どれくらい?次のページ美容室の保証枠

関連記事

  1. 月次決算の美容室
  2. 資本金と借入金
  3. 月次試算表
  4. カフェで仕事
  5. スーツを経費に
  6. スイカとパスモと店舗視察

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP