PayPayの導入

個人事業主のオーナーさんへ

PayPayを導入なさるお店が増えています

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

最近CMで見ない日がないくらい知名度が上がったPayPay。

 

 

 

 

 

100億円あげちゃうキャンペーンはあっという間に終了しましたね。

 

 

 

 

 

日本はキャッシュレス化が遅れていると言われて久しいですが、

 

 

 

 

 

今、国をあげてキャッシュレス化が推進されています。

 

 

 

 

 

そんな中、今回登場したPayPay。

 

 

 

 

 

後発ではありますが、

 

 

 

 

 

ヤフーとソフトバンクが株主だけあって,知名度も営業力も相当大きいです。

 

 

 

 

 

現在PayPayが使用できる店舗は、主に、大手飲食チェーンや家電量販店など。

 

 

 

 

 

理美容業をはじめとして、中小企業で導入されているのは、まだ少数です。

 

 

 

1.導入するメリット

 

 

PayPayを導入のメリットは5つ。

 

 

 

①導入費用無料

 

 

②決済手数料無料

 

 

③入金手数料無料

 

 

④入金が早い

 

 

⑤アリペイと提携

 

 

 

 

 

クレジット手数料は、美容業にとって無視できないコストです。

 

 

 

 

原価率が1%変わっただけでも、財務に与える影響はすさまじいのに、

 

 

 

 

 

クレジット手数料は、売上の3%前後が有無を言わさず徴収される。

 

 

 

 

 

また店舗への入金が遅れるため、資金繰りにも影響します。

 

 

 

 

 

その点、PayPayは、決済手数料や入金手数料が0円、

 

 

 

 

 

かつ、お店への入金も翌日または翌々日とスピーディです。

 

 

 

2.導入するデメリット

 

 

 

デメリットとしては、

 

 

 

 

 

PayPayの手数料0円は、期間限定であることが言えます。

 

 

 

 

 

決済手数料0円については、サービス開始日から3年間。

 

 

 

 

 

また、その後の手数料率が未定であることがデメリットです(経営に与える影響が読みきれません)。

 

 

 

 

また、入金手数料0円も、原則2019年9月30日まで。

 

 

 

 

 

ただ、ジャパンネット銀行を使用すれば、永年無料です。

 

 

 

3.まとめ

 

 

PayPayは、まだまだ名前が独り歩きして使えないお店がほとんどです。

 

 

 

 

 

だからこそ、早期に導入することで少しでも差別化を図ったり、

 

 

 

 

 

手数料無料のメリットを享受していただきたいなと思います。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と保険契約保険は、見直しましょう。いらない保険で後悔しないためにも。前のページ

退職するスタッフさんから社会保険料を徴収できるかどうか?次のページ社会保険料は、当月徴収しましょう

関連記事

  1. 歩合と残業代
  2. 個人事業主が事業用とプライベート用の通帳(口座)を分けたほうが良い理由
  3. 美容室、SNS
  4. 美容室と未払残業代
  5. 社会保険料と美容室
  6. 健康診断、美容室

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP