電子申告・理美容室

個人事業主のオーナーさんへ

今年の確定申告から、電子申告をしないと10万円損をする!【青色申告特別控除の減額】

 

 

税理士の山本です。

 

 

2020年に開業なさったオーナー様は、特にご注意ください!

 

 

令和3年の確定申告から、

 

「電子」で確定申告すると65万円の青色申告の控除を受けられますが、

「紙」で確定申告している方は、55万円になります。

 

つまり、10万円減額される。損をします。

 

 

 

そのため、毎年「紙」で確定申告なさっているオーナー様は、

 

①自分で電子申告する

②顧問税理士をつけて電子申告してもらう

 

のどちらかの対応をしていただくことをオススメします。

 

 

①をお選びになったオーナー様は、

今のうちに、ご自宅でできる電子申告の準備を進めておいてください。

もしくは、税務署の確定申告会場で電子申告してもOKです。

 

 

②をお選びになったオーナー様は、

お近くの税理士を早めに探して相談にいってください。

 

 

なお、あまりに確定申告期限ギリギリの場合は、

税理士に断られるケースもありますのでご注意を。

 

 

なぜかというと、2月~3月と言えば税理士事務所は超繁忙期ですから、

場合によってはお断りせざるを得ないからです。

 

 

 

弊社でも、「電子で申告したいのですが、、、」と、

2020年に開業なさった美容室・理容室のオーナー様からすでにご相談をいただいている状況です。

10万分損をすることがないよう、お早目の行動を。

 

 

それでは!

 

 

【国税庁HP:青色申告特別控除が変わります】

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

総額表示4月1日より、メニューの「税込表示」が義務化されます!前のページ

令和3年4月15日(木)まで、確定申告の期限延長!【個人の理美容業オーナー様へ】次のページ確定申告期限延長

関連記事

  1. 美容室と未払残業代
  2. 理美容業と国保
  3. 借入をしないという選択
  4. 最低賃金
  5. 青色申告の取り消し
  6. 美容室・理容室

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業
  6. 月次支援金と理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP