青色申告の2つのコース、「簡易簿記-10万円控除コース」(単式簿記)

個人事業主のオーナーさんへ

青色申告には2つのコースがあるのを知っていますか?【簡易簿記-10万円控除コース(単式簿記)】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

帳簿を作ることは、青色申告の必須条件になっています。

 

 

 

 

 

一定レベルの帳簿を作るからこそ、青色申告のメリットを得ることができます。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、ご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

青色申告は、申請するときに2つのコースを選ぶことができるんです。

 

 

 

 

 

1つが、「簡易簿記-10万控除コース」

 

 

 

 

 

もう1つが、「複式簿記-65万控除コース」

 

 

 

 

 

どちらのコースを選ぶのかは、青色申告の届け出の時に決めなければいけません。

 

 

 

 

 

控除額が違ってくるので、違いを知ったうえで十分検討しましょう。

 

 

 

 

「簡易簿記-10万控除コース」

 

 

今日は、「簡易簿記-10万控除コース」の内容を説明します。

 

 

 

 

 

「簡易簿記」によって、帳簿を作ると、

 

 

 

 

 

青色申告特別控除の額は10万円になってしまいますが、

 

 

 

 

 

そのほかの青色申告のメリットは全て手に入れることができます。

 

 

 

 

 

 

また、「簡易簿記」は、「単式簿記」とも言われ、

 

 

 

 

 

帳簿の種類が少なく、書き方もシンプルという特徴があります。

 

 

 

 

 

簡易簿記では、簿記特有の仕訳が必要ないため、家計簿やこつかい帳感覚で作成することができます。

 

 

 

 

 

どうしても、仕訳を使う複式簿記になれないという人は、簡易簿記からトライするのがオススメです。

 

 

 

 

 

 

そんな「簡易簿記」で作成すべき帳簿は、最低でも5種類

 

 

 

 

それが

 

 

 

①「現金出納帳」

 

 

②「経費帳」

 

 

③「売掛帳」

 

 

④「買掛帳」

 

 

⑤「固定資産台帳」

 

 

 

 

 

その他、必要に応じて、

 

 

 

 

 

「預金出納帳」などをつくりましょう。

 

 

 

 

 

「簡易簿記」によって、帳簿を作ると、

 

 

 

 

 

青色申告特別控除の額は10万円になってしまいますが、

 

 

 

 

 

そのほかの青色申告のメリットは全て手に入れることができます。

 

 

 

 

 

 

 

「帳簿は、簡単にすませたいけど、青色申告のメリットは欲しい!」

 

 

 

 

 

という人にピッタリなのが、

 

 

 

 

 

「簡易簿記-10万控除コース」です。

 

 

 

 

 

帳簿の種類が少なく、書き方もシンプルですし、

 

 

 

 

経理の入門といえますので、

 

 

 

 

理士に依頼しないという方は、ぜひ、ここから試してみてください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容師の独立準備、「面貸し(ミラーレンタル)」のメリット・デメリット美容師の独立準備、「面貸し(ミラーレンタル)」のメリット・デメリット前のページ

青色申告には2つのコースがあることを知っていますか?【「複式簿記-65万円控除コース」】次のページ青色申告には2つのコースがあることを知っていますか?【「複式簿記-65万円控除コース」】

関連記事

  1. 青色申告には2つのコースがあることを知っていますか?【「複式簿記-65万円控除コース」】
  2. 革命のファンファーレ
  3. 理美容室、確定申告期限延長
  4. 美容室の車上荒らしと強盗
  5. 青色申告のメリットその③「家族への給与を経費にできる(青色事業専従者給与)」
  6. 美容室の運転資金

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP