青色申告のメリットその②「赤字を繰り越せる(純損失の繰越控除)」

個人事業主のオーナーさんへ

青色申告のメリットその②「赤字を繰り越せる(純損失の繰越控除)」

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

個人事業の確定申告に関して、よくお客様からこんなご質問をうけます。

 

 

 

 

 

 

「山本さん、青色申告にするとメリットがあるってよく聞くけどさ、どんなメリットなの?」

 

 

 

 

 

なるほど。

 

 

 

 

青色申告をするとメリットがあるという認識は広まっていますが、

 

 

 

 

 

どんなメリットなのか認識している人は確かに少ないかもしれません。

 

 

 

 

 

そこで、青色申告のメリットを何回かにわけて書いてみたいと思います。

 

 

 

 

第2弾「赤字を繰り越せる(純損失の繰越控除)」

 

 

今日は、第2弾「赤字を繰り越せる(純損失の繰越控除)」です。

 

 

 

 

 

「赤字を繰り越せる?どういうこと?」

 

 

 

 

 

なんて声が聞こえてきそうですね。

 

 

 

 

 

 

どんなメリットか、簡単に言うと

 

 

 

 

 

赤字を、翌年以降3年間繰り越して、黒字(所得)から差し引くことができます。

 

 

 

 

 

もし、今年の赤字が100円あって、来年の黒字が120円だとしたら、

 

 

 

 

 

来年は、黒字120△赤字100円=20円にしか税金がかからないということです。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、この赤字の繰り越し(純損失の繰越控除)ができるのは、

 

 

 

 

 

青色申告のケースだけです。

 

 

 

 

 

白色申告のケースでは、いくら赤字がでても、黒字から差し引くことはできません。

 

 

 

 

 

つまり、節税になりませんので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

開業後、すぐに事業を軌道に乗せるのは難しいものです。

 

 

 

 

 

日本政策金融公庫の調査では、

 

 

 

 

 

「約6割の新規開業者が、軌道に乗せるまでに6か月超かかっている。」

 

 

 

 

というデータがでています。

 

 

 

 

 

私の経験則から言っても、開業1年目から黒字のお客様は少ないです。

 

 

 

 

 

その年で開業した方の中で、2割いればいいほうですね。

 

 

 

 

 

 

そのため、赤字を繰り越せる「純損失の繰越控除」という制度は、

 

 

 

 

 

2年目以降に効果を発揮します、じわじわ効いてくるんですね。

 

 

 

 

 

 

黒字が出た2年目以降に、開業1年目の赤字を差し引けるので、

 

 

 

 

 

税金が少なくなる=手元資金が増えるので、ずいぶん楽になります。

 

 

 

 

 

 

青色申告するだけで、このメリットが自動的についてきます。

 

 

 

 

 

ぜひ、あなたも青色申告するようにしてくださいね。

 

 

 

 

<今日のまとめ>

 

「純損失の繰越控除」は、

 

赤字を、翌年以降3年間繰り越して、黒字(所得)から差し引くことができるシステム。

 

青色申告すると、自動的についてくるメリットである。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

青色申告のメリットその①「10万円または65万円を所得から引ける(青色申告特別控除)」青色申告のメリットその①「10万円または65万円を所得から引ける(青色申告特別控除)」前のページ

青色申告のメリットその③「家族への給与を経費にできる(青色事業専従者給与)」次のページ青色申告のメリットその③「家族への給与を経費にできる(青色事業専従者給与)」

関連記事

  1. 住宅ローン
  2. 災害、税金の支援制度
  3. 個人事業主が事業用とプライベート用の通帳(口座)を分けたほうが良い理由
  4. 青色申告の取り消し
  5. 青色申告のメリットその⑥「銀行(金融機関)の信用度が上がる」
  6. 青色申告のメリットその①「10万円または65万円を所得から引ける(青色申告特別控除)」

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP