家賃支援

思ったこと、感じたこと

ハードルが高い「家賃支援給付金」

 

 

税理士の山本です。

 

 

7月14日より申請受付がはじまった「家賃支援給付金」。

 

 

約2か月が経過した今月15日時点でも、

申請を行った7割以上がいまだ給付を受けられていない状況のようです。

 

 

申請書類の中で特に準備に苦労するのが「賃貸借契約書」。

 

 

弊所のお客様でも、昔の契約のまま更新がされていなかったり、

オーナーチェンジなどで賃貸人が変わっているのに契約はそのままになっていたりと

要件を満たす書類を準備できないケースがあります。

 

 

このような場合、契約の存在を証明する書類(「賃貸借契約等証明書」等)

を提出すれば申請出来るのですが、

 

 

大家さんとの関係が良好ではなく、

「大家さんに証明をもらわないといけないなら、申請を諦めようかな。。。」

というオーナー様もいらっしゃるくらいです。

 

 

不正受給が横行している持続化給付金の影響を受けて、

審査を厳格化しているのは十分理解できるのですが、

 

 

本当に必要な方に給付金が届かないというのも大きな問題だと思います。

審査体制を含め早急な対策をお願いしたいですね。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

テナント支援テナント賃料助成金【船橋市のオーナー様へ】前のページ

賞与を支給しているお店は、約〇〇%次のページ理美容室の賞与

関連記事

  1. 連絡手段と思いやり
  2. 借入と企業の成長
  3. 令和の時代
  4. 年収1億円になる人の習慣
  5. 美容室、集客
  6. 奨学金と美容室

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP