美容室・税務調査

思ったこと、感じたこと

チュートリアル・徳井義実さんの会社に所得隠し指摘【私的な支払いは要注意ですね】

 

 

税理士の山本です。
 

 

 

ちょうど昨日・今日のニュースですが、

 

 

 

チュートリアルの徳井さんが、「洋服・旅行・アクセサリー等」を経費に入れていて税務調査で否認されたそうです。

 

 

 

1億超えで、最近だと起訴されてもおかしくない数字ですね。

 

 

 

プライベートカンパニーへの所得分散というよくある手法で、

 

 

 

出演料収入は法人に帰属させていたところまではいいとして、

 

 

 

個人的な旅行・洋服代・アクセサリー代等を法人の経費にしていた。

 

 

 

ここらは、一般の方であれば、特に意識が甘くなる部分ですよね。

 

 

 

「なにか理由をつければ経費にできる」という考えの人が少なくありませんが、

 

 

 

経費は実態(仕事のための支払かどうか)で判断されるため、

 

 

 

もちろん個人的な旅行・洋服代・アクセサリー代等はダメですと。

 

 

 

※ちなみに、メディアに出る芸能人の方がNGなのですから、

私たちの洋服が経費に落ちるわけがありませんね

 

 

 

また、経費に入れる入れないの前に、

 

 

 

「2016年から2018年までの3年間は、収入を全く申告しておらず」

 

 

 

っていう点は大問題ですね。

 

 

 

あれだけの有名人の方ですので、摘発してくれと言っているようなものです。

 

 

 

今回の徳井さんのケースがいい例ですが、

 

 

 

洋服・旅行・アクセサリー・私的な食事などのプライベートの支払いを経費に入れていたとして、

 

 

 

後日、調査で明らかになったら追徴課税などのダメージは免れませんので、

 

 

 

オーナーの皆様、くれぐれもお気を付けくださいませ。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

消費税・簡易課税納税資金の積み立ては計画的に【消費税増税】前のページ

信用金庫と取引する3つのメリット【これから開業なさるオーナーさんであれば特に】次のページ美容室と信用金庫

関連記事

  1. 美容室の滞留在庫
  2. 不採用の理由
  3. 理美容業の倒産
  4. 台風19号に注意
  5. 経営者として尊重される
  6. 美容室とパートナー

最近の記事

  1. 税理士変更
  2. 理美容室の賞与
  3. 家賃支援
  4. テナント支援
  5. 最低賃金
  6. 実質無利息
  7. 東金市の理美容室
  8. 山武市・美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP