美容室と社会保険

思ったこと、感じたこと

個人事業主でも、社保加入に踏み切るオーナーさん

 

 

税理士の山本です。

 

 

「スタッフの将来を考えて、個人事業でも社会保険に加入したいんです。」

 

 

とある美容室オーナーさんと、社労士さんを交えて打ち合わせした時の一言です。

 

 

すでに独立なさったオーナー様であればご存じかと思いますが、

美容室は5人以上スタッフさんがいても、個人事業であれば社会保険の加入義務はありません。

 

 

ただ、スタッフさんのために社会保険に任意で入ることはできます。

 

 

年々、社会保険の加入義務のハードルが引き下がっており、

将来的にいつ個人の美容業も社保加入の対象になるかわかりません。

 

 

また、美容学校から新卒の子を採用するのであれば、

すでに社保加入が最低条件になっている美容学校もあります。

(社保加入でないお店の求人票は、問答無用で除外するという学校も現実にありますし)

 

 

その時が来てからでは遅いので、スタッフさんのためにも、

義務ではないうちに、いつ社会保険に加入しても利益が出せる財務体質にしていきましょう。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と役員貸付金役員貸付金があると、最悪の場合、多店舗展開できなくなる前のページ

居抜き物件を活用して、美容室の出店を進めるオーナーさん次のページ美容室と居抜き

関連記事

  1. 【堀江貴文×MB】「情弱」だらけの美容業界が陥る、クーポンの甘い罠
  2. 領収書とレシート
  3. 美容室、QBハウス
  4. 美容室のフランチャイズ
  5. 不採用の理由
  6. 美容室と新札

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP