美容室と役員貸付金

会計・経費のこと

役員貸付金があると、最悪の場合、多店舗展開できなくなる

 

 

税理士の山本です。

 

 

先日、税理士変更のご相談をいただいた美容室のオーナー様。

月次試算表を見せていただいたのですが、非常に気になる点が1つ。

 

 

それが、役員貸付金という科目に、数百万もの金額が計上されていたこと。

 

 

これ、法人のオーナー様であればお分かりになると思いますが、

会社が社長に貸しているお金が、数百万あるということです。

 

 

これをオーナー様にご説明すると、そのオーナー様は会社から借りているご認識がありませんでした。

つまり、そもそも前の税理士がリスクを説明しなかったということです。

 

 

まず早急にすべきは、この役員貸付金をゼロにすること。

このままでは、決算書に社長への貸付金が計上され続けてしまう。

 

 

うなったら大変。

銀行から融資を受けたくても、銀行はなかなか貸してくれません。

 

 

なぜかというと、銀行が会社に融資しても、

そのお金は結局、社長個人のサイフに入るのではないかと疑わざるを得ないから。

 

 

ex.銀行が会社に貸付→会社が社長に貸付→社長のプライベートのためにお金が使われる

という流れです。

 

 

銀行は、会社経営に有効活用してもらうために融資したのに、

そのお金が社長のポケットに入るのであれば、融資したくありませんよね。

 

 

だからこそ、決算書に役員貸付金という科目は、絶対に載せたらダメです。

もし現時点であるなら、決算までにゼロにしておいてください。

 

 

特に、2店舗・3店舗と多店舗展開を進めることがご希望のオーナー様は、

銀行評価を考えたら、絶対にやっていただきたくないことです。

 

 

とは言っても、「個人のお金がないので、すぐに会社にお金を返せない。。。」という方もいると思います。

今回ご相談いただいたオーナー様もそうでした。

 

 

ですが、役員貸付金を減らすための方法もあるのでご安心ください。

そのオーナー様には、その方法もアドバイスさせていただきました。

 

 

残念ですが、

銀行評価の上げ方を知らない税理士がいます。

知っていても、あなたの銀行評価を上げる気がない税理士もいます。

決算を組むだけで、何のアドバイスもしない税理士がいます。

 

 

ぜひ、あなたの決算書を今1度見直してください。

銀行から借り入れができなくなる前にです。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室とコンサルタント悪質な融資コンサルタントと、美容室オーナー様の悲痛な叫び前のページ

個人事業主でも、社保加入に踏み切るオーナーさん次のページ美容室と社会保険

関連記事

  1. 決算書を読み切る
  2. スーツを経費に
  3. 固定費の管理
  4. 美容室の福利厚生
  5. 美容室の多店舗展開
  6. カフェで仕事

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP