美容室と信用金庫

美容室・理容室を開業するあなたへ

信用金庫と取引する3つのメリット【これから開業なさるオーナーさんであれば特に】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

「なぜ、開業当初は、メガバンクではなく信用金庫と取引した方がいいんですか?」

 

 

 

これから美容室を開業予定のオーナー様に、こんなご質問をいただきました。

 

 

 

はい。信金さんから融資を受けるメリットは、大きく分けると3つあります。

 

 

 

①借りやすい

 

 

ここでいう「借りやすい」とは、「メガバンクや地方銀行に比べると」という意味です。

 

 

 

銀行の中でも規模が大きい「メガバンク」は、自分と同じ、大きな会社をメインの融資先にしています。

 

 

 

逆に、規模が小さい「信用金庫」は、小さな会社をメインの融資先にしています。

 

 

 

「地方銀行」は、その中間というイメージです。

 

 

 

したがって、個人事業者や中小企業が融資を受けようとするのであれば、

 

 

 

「まずは信用金庫」と考えていただくとベターということです。

 

 

 

ちなみに、なぜメガバンクが大きな会社を相手にしているかというと、

 

 

 

メガバンクは信用・格・ネームバリューがありますから、たくさんの会社が融資を受けたいとやって来ます。

 

 

 

その中から「業績が良く・安定性の高い会社(地域の優良企業)」に融資をすれば良いわけです。

 

 

 

つまり、あえて「安定性の低い中小企業」に融資する必要がないことから、

 

 

 

メガバンクのハードルは高いということです。

 

 

 

②プロパー融資が受けやすい

 

 

 

民間の銀行からの融資は、大きく2つに分かれます。

 

 

 

信用保証協会が保証を付ける融資と、その保証がない融資です。

 

 

 

前者は「保証協会付き融資」、後者は「プロパー融資」と呼ばれます。

 

 

 

保証協会付き融資は、返済不能時には信用保証協会が肩代わりをするため、

 

 

 

銀行にとってはリスクが少ない融資です。

 

 

 

ゆえに貸しやすい。私たち経営者にとっては借りやすい。

 

 

 

一方、信用保証協会の保証については「信用保証料」を私たち経営者が支払わなければならず。

 

 

 

これがなかなかの負担ですよね。

 

 

 

したがって、「できればプロパー融資を受けたい」というのが、

 

 

 

借りる側である私たちの希望になります。

 

 

 

ここで、ひとつの目安をお伝えすると、

 

 

 

メガバンクは、年商10億円を超えるくらいの会社をプロパー融資の対象としているそうです。

 

 

 

地方銀行は、年商が3億円を超えるくらいの会社を。

 

 

 

そして、それより年商が少ない会社がプロパー融資を受けたいのであれば、信用金庫からということになります。

 

 

 

※もちろん、実際は年商だけで決まるほどシンプルではなく、

財政状態などを加味してプロパーがでるかどうかが決まりますが、

やはり他の銀行と比べると、信用金庫さんのハードルは低いです。

 

 

 

③借りる時も、借りた後もやさしい

 

 

上記1でメガバンクは、「業績が良く・安定性の高い会社(地域の優良企業)」に融資をするとお伝えしました。

 

 

 

これ、逆にいうと、「業績が悪く・安定性の低い会社」には融資をしないということですが、

 

 

 

これは借りたあとも同じです。

 

 

 

つまり、融資を受けたあと、業績が悪くなるようであれば追加融資しないのはもちろん、

 

 

 

場合によっては早期回収をはかるのがメガバンクです。

 

 

 

銀行の中でもメガバンクは、融資先を1番「数字(業績)」で見ています。

 

 

 

その点、とてもドライでシビアです。

 

 

 

対して信用金庫は、数字も当然見ますが、メガバンクに比べれば寛容と言えます。

 

 

 

メガバンク並みに厳しくしていたら、融資をできる人がいなくなってしまうからです。

 

 

 

よって、数字以外の評価も大切にしています(経営者の能力・性格、事業の内容や将来性などです)。

 

 

 

言い方を変えると、融資を受けたあとに業績が悪くなった場合でも、

 

 

 

極端に追加融資を躊躇したり、早期回収をはかることが少ないのが信用金庫です。

 

 

 

そもそも、信用金庫のビジネスモデルは「地域密着」です。

 

 

 

にもかかわらずシビアでドライ過ぎると、

 

 

 

その地域でワルイ噂がたち、商売がやりづらい、という事情もあるでしょう。

 

 

 

いずれにせよ。借りるときにやさしく、また借りたあともやさしい信用金庫のほうが、

 

 

 

個人事業者・中小企業の資金繰りは安定するということです。

 

 

 

以上3点が、信用金庫のメリットとなります。

 

 

 

今日は、信用金庫のメリットについてお伝えさせていただきました。

 

 

 

もちろん、メリットがあればデメリットもあるのが世の常です。

 

 

 

そこで後日、信用金庫のデメリットについてもお伝えしたいと思います。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室・税務調査チュートリアル・徳井義実さんの会社に所得隠し指摘【私的な支払いは要注意ですね】前のページ

国民健康保険料の免除・厚生年金保険料の口座振替停止ができます【台風19号・災害関連】次のページ災害関連

関連記事

  1. 美容室の家賃
  2. 自己資金と融資が下りる金額のバランスを知っていますか?【美容室・飲食店、開業時の新創業融資】
  3. 美容室の郊外立地と車
  4. 開業と事業計画書の制度
  5. 美容室理容室の開業と物件の内装、(3)「既存のお店を引き継いで開業」のメリット・デメリット
  6. 多店舗化と幹部育成

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP