開業する人が増えている

思ったこと、感じたこと

独立なさる方が増えている【経営者として生きるという選択】

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

最近、起業される方が増えているな~と感じています。

 

 

 

これは美容業・理容業の方だけではなく、社会全体としてです。

 

 

 

近年起業する方が増えている理由は、下記のようなものがあると思います。

 

 

1.時代の変化

 

 

もう、ほとんどの日本人は「1つの会社でずっと終身雇用してもらおう」とは思っていないでしょう。

 

 

 

金融庁ですら、年金以外に2,000万円を自己責任で準備する必要があると公表するほどです。

 

 

 

つまり、国・会社などに頼らず、自分自身でお金を稼ぐ仕組みをつくらなければ、

 

 

 

将来の安定などないということでしょう。

 

 

2.周囲の理解

 

 

また、起業することに対して、世間の見る目も変わったと思います。

 

 

 

一昔前は、起業・独立する人は珍しく、奇妙な存在だったかもしれません。

 

 

 

しかし現在は、起業している人が親戚に1人、2人若しくはそれ以上いることも珍しくないです。

 

 

 

私のお客様の中には、親戚のほとんどが経営者というご家族もいらっしゃるくらいです。

 

 

 

そのお客様にとっては、むしろ、起業して個人でビジネスをやることこそ自然であり、

 

 

 

サラリーマンの方が普通ではないのでしょう。

 

 

 

時代の変化に伴って、起業することへの理解も深まってきた気がします。

 

 

 

3.起業のハードルが下がった

 

 

また、今は大きな初期投資がなく、スタートできるビジネスがたくさんあります。

 

 

 

IT関係の職業などはその典型だと言えます。

 

 

 

また、自治体や銀行など、起業を支援してくれる団体が増えてきたこともあり、

 

 

 

借入が、無担保・無保証で受けやすくなったことも大きいです。

 

 

 

このように昔に比べれば、起業することはごく普通のことであり、

 

 

 

極端にリスキーなことでもありません。

 

 

 

むしろ、私は、雇われ続けることのほうがリスクが高いと思っているくらいです。

 

 

 

家族を支えなければならない男性は、特にです

 

(一方、家事・育児など、家庭と仕事のバランスを取らなければならない女性は、この限りではありません。)

 

 

 

そういったことから、経営者として生きることは、合理的な選択の1つだと思います。

 

 

 

とはいえ「開業ってどうすればいいの?」という方もいらっしゃると思いますので、

 

 

 

ご不安な方は、私にご相談ください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

医療費控除医療費のお知らせ【お子さんのいるオーナーさんへ】前のページ

銀行には、「平均残高」と「月末残高」というノルマが存在する次のページ平均残高と月末残高

関連記事

  1. 不採用の理由
  2. 経営者として尊重される
  3. 美容室と教育
  4. 美容室・税務調査
  5. 美容室理容室専門の税理士、山本佳
  6. 美容室のフランチャイズ

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP