美容室と銀行

銀行・融資・財務のこと

銀行は、こうやってライバル行の動向をうかがっている

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

借入金の明細は、銀行の営業上きわめて重要な情報源です。

 

 

 

 

 

そのため、内訳明細書の借入金の明細は、よくチェックされています。

 

 

 

 

 

ここを見れば、ライバル他行がどんな融資をしているのか、

 

 

 

 

 

いつ融資を実行したのかがおおよそ想像がつくからです。

 

 

 

 

 

ライバル他行が融資を最近していれば、

 

 

 

 

 

「次はうちで」とばかりに融資先への営業を強化します。

 

 

 

 

 

チェックの流れとしては、

 

 

 

 

 

①「どの銀行から借入をしているのか」

 

 

②「高利の借入先はないかどうか」

 

 

 

 

を見てきます。

 

 

 

 

 

最終的には、「うちに借り換えませんか?」と営業をかけるためですね。

 

 

 

 

 

銀行から、内訳明細書のコピーを依頼されるのは、

 

 

 

 

 

ライバル行の動向を見るためという意味もあるというのは、知っておいてください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

営業利益が赤字営業利益が赤字でも倒産しないのはなぜ?前のページ

借入の口数が多いのであれば、一本化を検討してみましょう次のページ借入の一本化

関連記事

  1. 美容室と決算書

    銀行・融資・財務のこと

    銀行が融資したくなる決算書、3つの特徴

     先日、銀行さんと融資の打ち合わせをしたの…

  2. 美容師と住宅ローン
  3. 借りやすい時期、美容室
  4. 美容室と銀行融資
  5. 美容室・埼玉
  6. 美容室の融資面談

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP