美容室と銀行

銀行・融資・財務のこと

銀行は、こうやってライバル行の動向をうかがっている

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

借入金の明細は、銀行の営業上きわめて重要な情報源です。

 

 

 

 

 

そのため、内訳明細書の借入金の明細は、よくチェックされています。

 

 

 

 

 

ここを見れば、ライバル他行がどんな融資をしているのか、

 

 

 

 

 

いつ融資を実行したのかがおおよそ想像がつくからです。

 

 

 

 

 

ライバル他行が融資を最近していれば、

 

 

 

 

 

「次はうちで」とばかりに融資先への営業を強化します。

 

 

 

 

 

チェックの流れとしては、

 

 

 

 

 

①「どの銀行から借入をしているのか」

 

 

②「高利の借入先はないかどうか」

 

 

 

 

を見てきます。

 

 

 

 

 

最終的には、「うちに借り換えませんか?」と営業をかけるためですね。

 

 

 

 

 

銀行から、内訳明細書のコピーを依頼されるのは、

 

 

 

 

 

ライバル行の動向を見るためという意味もあるというのは、知っておいてください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

営業利益が赤字営業利益が赤字でも倒産しないのはなぜ?前のページ

借入の口数が多いのであれば、一本化を検討してみましょう次のページ借入の一本化

関連記事

  1. 融資とサービス
  2. 東京都のコロナ融資
  3. 日本政策金融公庫で融資を申し込むメリットを知ってますか?その① 【新規開業予定の方へ】
  4. 美容室の納税資金
  5. 美容室と現金預金
  6. 美容室と出店

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP