美容室の縮小移転

銀行・融資・財務のこと

美容室を「縮小移転」するときに、知っておいて欲しい3つのポイント

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

「店舗を縮小移転したいのですが、移転費用について融資を受けたいと思っています。」

 

 

 

 

 

お客様から、こんなご相談を受けることもあります。

 

 

 

 

 

現在の店舗より、家賃が低い物件が近所に出たため、

 

 

 

 

 

そこに移転して家賃負担を下げるのが目的。

 

 

 

 

 

居抜き物件でもない限り、

 

 

 

 

 

新店舗の内装工事や保証金などにおよそ700万円は必要となりますが、

 

 

 

 

 

こういった縮小移転における融資のポイントは、3つあります。

 

 

 

 

1.借入額が、年商に比べて大きすぎないかどうか

 

 

 

「既存店舗の借入残額 + 新規店舗の借入額」

 

 

 

 

 

これが、年商のどれくらいの比率になるか。

 

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

50%を超えるようでしたら、まず融資は厳しいと思ってください。

 

 

 

 

 

既存店舗の融資が300万残っていて、さらに移転のために700万の設備投資をすれば、

 

 

 

 

 

年商2,000万円の美容室だとしたら、年商に対する融資の比率は50%になります。

 

 

 

 

 

縮小移転を行う=収益力も弱まっている、

 

 

 

 

 

という状態では、その投資を回収するのにどれほどの期間を要するかわかりませんので、

 

 

 

 

 

融資を断られる可能性が高まります。

 

 

 

2.投入できる自己資金は、どれくらいあるか。

 

 

 

融資はある意味、他人のお金です。

 

 

 

 

 

そのため、他人のお金で全額の設備投資をまかなおうとするのは、

 

 

 

 

 

これまでの返済実績・収益性の高い決算書がなければ、まず難しいです。

 

 

 

 

 

つまり、自己資金が必要となる、ということです。

 

 

 

 

 

銀行融資の審査では、設備投資資金を融資する場合、

 

 

 

 

 

最低でも2割の自己資金を求められることが多いです。

 

 

 

 

3.収支予測をハッキリ説明すること

 

 

 

店舗移転に伴い家賃が引き下がるのは、確かに設備投資の目的になります。

 

 

 

 

 

しかし、それだけでは、銀行を納得させるには足りません。

 

 

 

 

 

店舗を移転する場所は、今の店舗の比べて人通りが多いのか、少ないのかなど。

 

 

 

 

 

当然、今後の売上の予測も変わってくるからです。

 

 

 

 

 

そのため、

 

 

 

 

 

設備投資の融資を申し込む場合は、

 

 

 

 

 

今後5年間ほどの収支予測(事業計画)の提示を、最低でもしておきたいところです。

 

 

 

4.まとめに

 

 

 

「店舗を縮小移転したいのですが、移転費用について融資を受けたいと思っています。」

 

 

 

 

 

そうお考えになったオーナーさんは、

 

 

 

 

 

上の3つのポイントを最低でもクリアする必要があるんだなと、

 

 

 

 

 

頭の片隅にいれておいてください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

スイカとパスモと店舗視察店舗視察のためにスイカやパスモを使うなら、定期的な履歴印字をお忘れなく前のページ

独立する前に考えておきたい、ビジネスモデルの財務面次のページ独立前の財務面

関連記事

  1. 銀行融資
  2. 創業時の借入を多さが、あなたの倒産を防ぎます【銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す】
  3. 美容業・資金繰り支援
  4. 美容室と見た目
  5. 銀行・金融機関の選び方のポイント、その②「融資金額と金利」
  6. 埼玉県・美容室

最近の記事

  1. 最低賃金
  2. 実質無利息
  3. 東金市の理美容室
  4. 山武市・美容室
  5. 八潮市の理美容室
  6. 国保の減免
  7. 千葉市の理美容業
  8. 固定費の管理

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP