借入の一本化

法人を経営するオーナーさんへ

借入の口数が多いのであれば、一本化を検討してみましょう

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

多店舗展開を進める美容室オーナー様であれば、

 

 

 

 

 

必然的に取引銀行も、借入の口数も増えていくはずです。

 

 

 

 

 

また、借入金の口数が多ければ多いほど、1つ1つの返済条件が異なるため、

 

 

 

 

 

資金繰りの改善点が見つかることも多いです。

 

 

 

 

 

特に、

 

 

 

 

「借入金の数が多くて、返済負担も重いなあ」

 

 

 

 

 

と感じていらっしゃるオーナー様であれば、

 

 

 

 

 

取引銀行ごとに、借入金の口数をまとめて欲しいと依頼してみるのも1つの手です。

 

 

 

 

 

つまり、借入金を一本化する方向で交渉してみるということです。

 

 

 

 

 

銀行の言われるがままに追加融資を受けていると、

 

 

 

 

いつのまにか借入金の口数が多くなり、返済負担が重くのしかかることになります。

 

 

 

 

 

重い返済負担のために、資金繰りが破綻するようなことがないように、

 

 

 

 

 

戦略の1つとして、ご検討ください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と銀行銀行は、こうやってライバル行の動向をうかがっている前のページ

税金を払いたくないから赤字にした次のページ節税はほどほどに

関連記事

  1. 最低賃金
  2. 中退共は慎重に
  3. 美容室と協賛金
  4. 美容室のフランチャイズ契約
  5. 美容室と居抜き
  6. 個人事業から会社にするメリット、その③「社宅契約で節税できる」(法人化・法人成りのメリット)

最近の記事

  1. テナント支援
  2. 最低賃金
  3. 実質無利息
  4. 東金市の理美容室
  5. 山武市・美容室
  6. 八潮市の理美容室
  7. 国保の減免
  8. 千葉市の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP