銀行の格付け

銀行・融資・財務のこと

格付対策をなめてはいけない理由

 

税理士の山本です。

 

 

 

格付が悪いお店ほど、

 

 

 

①融資が受けにくく、②金利は高く、③担保/保証の要求が大きくなる

 

 

 

という傾向にあります。

 

 

 

銀行融資を受けているすべての企業は、銀行から「格付」されています。

 

 

 

格付は、将来の資金繰りのカギを握ると言っても過言ではありません。

 

 

 

融資の金利引上げ要請が来るのも、格付で「格下げ」によるものです。

 

 

 

格付が悪いお店ほど、

 

 

 

①融資が受けにくく、②金利は高く、③担保/保証の要求が大きくなる

 

 

 

つまり、資金繰りがまわらなくなり、より業績悪化へ向かわせる要因になるという、

 

 

 

最悪のスパイラルができてしまいます。

 

 

 

どんなお店でも、しっかりした格付対策を行うことによって、

 

 

 

1~2段階は格付をアップさせることができます。

 

 

 

資金繰りの安定は、経営の安定にもつながります。

 

 

 

多店舗展開をお考えのオーナー様であれば特に、

 

 

 

銀行評価(格付)を意識した決算書の作りこみをお願い致します。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

スタッフの退職「スタッフの退職が目立つお店に、融資はできません」前のページ

労働保険の年度更新【期限は7月10日(水曜)】次のページ労働保険の年度更新

関連記事

  1. 売上の推移
  2. 美容室と粉飾決算
  3. 借入の返済は長期間が安全
  4. 融資と説明
  5. 銀行の審査でチェックされる書類「運転免許証と通帳」の裏話
  6. 資金繰り

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP