美容師と住宅ローン

銀行・融資・財務のこと

社長さんの住宅ローンの審査は、サラリーマンより厳しい

 

 

社長さんの住宅ローンは、

 

サラリーマンより厳しく審査されます。

 

 

 

なぜかというと、

 

 

「社長 = 会社」だからです。

 

 

 

サラリーマンの住宅ローンは、

 

 

「源泉徴収票や確定申告書のみ」で審査されます。

 

 

 

また、その人がどんな会社に勤務しているかも、

 

収入の安定性を評価するために確認が行われます。

 

 

 

※ちなみに、公務員さんが住宅ローンを組みやすいのは、

 

収入が安定しているからですね。

 

 

 

一方、社長さんの場合は、

 

 

①源泉徴収票や確定申告書

 

 

だけでなく、

 

 

②経営している会社の決算書

 

 

も審査されます。

 

 

そう、社長さんの住宅ローンは、

 

①ご本人、②会社、の両方で審査が行われます。

 

 

 

ここで先にお伝えしておくと、

 

 

社長さんご本人の役員報酬がそれなりにあって、〇

 

会社の決算も黒字であれば、〇

 

住宅ローン審査は、OKになる可能性が高いです。〇

 

 

一方、

 

 

社長さんご本人の役員報酬がそれなりにあっても、〇

 

経営する会社の決算が赤字であるなら、△

 

住宅ローン審査は厳しくなっていきます。△

 

 

 

なぜなら、会社が赤字の場合、

 

銀行さんは、住宅ローンの審査で次の2つを心配するからです。

 

 

それが、

 

1.「役員報酬が減額されるリスク」

2.「法人へ貸付けが行われるリスク」

 

 

1.「役員報酬が減額されるリスク」

 

 

1つめは、「役員報酬が減額されるリスク」。

 

 

役員報酬の他に、不動産収入など安定的な収入があればいいのですが、

 

 

社長さん個人の収入のほとんどが、会社からの役員報酬である場合、

 

 

この問題がでてきます。

 

 

 

なぜなら、会社が赤字の場合、

 

 

役員報酬が大幅に減少する可能性があるからです。

 

 

つまり、住宅ローンの返済原資である役員報酬が減ることを、

 

銀行さんは恐れています。

 

 

 

社長さんの役員報酬は、会社の成績に直結しています。

 

 

そのため、会社の決算書が赤字であればあるほど、

 

銀行の審査は厳しくなっていくと知っておいてください。

 

 

2.「法人へ貸付けが行われるリスク」

 

 

2つ目は、「法人へ貸付けが行われるリスク」。

 

 

会社が赤字で、資金繰りが苦しい場合、

 

役員報酬が減額されるだけでなく、

 

社長さん個人の資金(ポケットマネー・貯金)を会社に貸付けることがあります。

 

 

その場合、住宅ローンの返済原資が会社の運転資金へ流れ、

 

返済が滞ることを、銀行さんは恐れています。

 

 

※飲みの席で銀行さんに聞いたところ、

 

実際、この理由で住宅ローンの返済が延滞となっていることも多いそうです。

 

 

まとめ

 

まとめると、

 

1.「役員報酬が減額されるリスク」

2.「法人へ貸付けが行われるリスク」

 

 

この2つの理由、

 

 

つまり、

 

 

「収入の安定性がサラリーマンより低い。」

 

 

という理由から、

 

 

社長さんの住宅ローンは、

 

サラリーマンより厳しく審査されるということを、

 

ぜひ知っておいてください。

 

 

 

また、最後に、1つマメ知識をお伝えしておくと、

 

 

会社の税金対策として

 

・「わざと」赤字決算にした決算書や

・「わざと」大幅に利益を圧縮した決算書

 

 

をよくお見かけします。

 

 

 

しかし、そんなことをすると、

 

 

①会社の事業用融資(設備資金・運転資金)の審査が厳しくなりますし、

 

②住宅ローンの審査も厳しくなります。

 

 

つまり、

 

 

①多店舗化など、あなたの事業拡大の足を引っ張りますし、

 

②住宅ローンも借りにくくなります。

 

 

 

 

あなたのためになりません。

 

 

残念ですが、そういうミスリードをする税理士もいるようです。

 

 

どうか、いきすぎた節税にご注意ください。

 

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

ご縁と出会い出会いには意味がある前のページ

銀行が融資したくなる決算書、3つの特徴次のページ美容室と決算書

関連記事

  1. 銀行との関係性
  2. 美容室と粉飾決算
  3. オーナーさんの個人資産
  4. キャッシュが大事
  5. 美容室と在庫
  6. 残高証明書の添付

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP