スタッフの退職

銀行・融資・財務のこと

「スタッフの退職が目立つお店に、融資はできません」

 

税理士の山本です。

 

 

 

「スタッフの退職が目立つお店に、融資はできません。」

 

 

 

先日、銀行さんと打ち合わせをした時、こんなことを言っていました。

 

 

 

銀行が融資先を訪問する場合、セールスなどいろいろな目的があるのですが、

 

 

 

お店の雰囲気を探るというのも訪問目的の1つです。

 

 

 

どれだけ決算書を見ても、やはり融資先の現場を見ないと実感できないものもあります。

 

 

 

そして「いつもの雰囲気の違う」という直感を、実はものすごく銀行は大切にしています。

 

 

 

その「いつもと違う」と感じる1つに、「スタッフの退職」があります。

 

 

 

寿退社などであれば何も問題はないのですが、

 

 

 

一定期間にスタッフさんが次々とお店を去っていくことがあります。

 

 

 

スタッフさんが次々と去っていくお店が業績順調ということはありません。

 

 

 

むしろ、内部で重大な問題が発生している何よりの証拠です。

 

 

 

少なくとも融資担当の銀行員はそのように考えます。

 

 

 

※お店のHP、ホットペッパーのスタッフ紹介で、スタッフの増減を確認している人もいるくらいです

 

 

 

 

スタッフさんの退職が続いていることを把握した場合、

 

 

 

 

銀行が追加の融資を検討することはほとんどありません。

 

 

 

むしろ融資の債権保全を最優先に考えるようになります。

 

 

ex.債権保全=これ以上貸さない。また、どうやって現在の融資を回収するのかに集中するということです。

 

 

 

スタッフさんの退職が目立つお店は「危ないお店」という認識なのです。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

節税の納税永遠のテーマ、節税と納税前のページ

格付対策をなめてはいけない理由次のページ銀行の格付け

関連記事

  1. 銀行融資スケジュール
  2. 美容室と銀行
  3. 日本政策金融公庫で融資を申し込むメリットを知ってますか?その① 【新規開業予定の方へ】
  4. 定期預金の解約
  5. 銀行評価
  6. 銀行評価

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業
  6. 月次支援金と理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP