借入の返済は長期間が安全

銀行・融資・財務のこと

長期の借入にすることで、毎月の利益のハードルを低くする。

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

「長期の借入にすることで、毎月の利益のハードルを低くする。」

 

 

 

 

 

これから独立なさるオーナーさんには、強く意識していただきたいことです。

 

 

 

 

 

なぜかというと、

 

 

 

 

 

①「毎月の利益のハードルを下げるため。」

 

 

 

・・・・毎月の返済額が5万円違ったとしたら、

 

 

 

 

 

毎月、あげるべき利益のハードルもその分上がります。

 

 

 

 

 

利益を5万円増やさなければいけないとしたら、いくら売上を上げるべきでしょうか?

 

 

 

 

 

できる限り安定して経営を継続するためにも、借入年数はできるだけ長期にしてください。

 

 

 

 

 

②「利息はコストになるが、手元資金を多く持てるメリットはそれを上回る。」

 

 

 

 

・・・利息は、保険料です。

 

 

 

 

何かあったときに、すぐ使える手元資金を確保するための、保険料です。

 

 

 

 

また、この低金利時代においては、利息の金額も限りなく低く抑えられます。

 

 

 

 

 

できる限り安定して経営を継続するためにも、

 

 

 

 

 

銀行の融資をうまく活用して、手元資金を確保しておいてください。

 

 

 

 

 

また、ご注意いただきたい点としては、

 

 

 

 

 

時々、

 

 

 

 

 

「ディーラーさんと公庫の借入申込書を作成しました。」

 

 

 

 

 

という方の申込書類を拝見すると、

 

 

 

 

 

返済年数を最長期間の10年以下にしているケースを拝見することもあります。

 

 

 

 

 

5年とか、7年とかですね。

 

 

 

 

 

これ、絶対にやめてください。

 

 

 

 

 

1度、申込んで融資が決定してしまうと、

 

 

 

 

 

返済期間を短くすることはできますが、長くすることはできません。

 

 

 

 

 

※長くできないわけではありませんが、あなたの信用情報にキズがつきかねません。

 

 

 

 

 

くれぐれもご注意ください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

独立のために通帳記帳独立のために、マメに通帳を記帳しておいてください前のページ

独立をお考えなら、勤務時代に消費者金融を利用しないで次のページ消費者金融は利用しない

関連記事

  1. 分散投資でリスクヘッジ
  2. 銀行は、支店と付き合う
  3. 美容室とメインバンク
  4. 平均残高と月末残高
  5. オーナーさんの個人資産
  6. 銀行評価

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP