「どうしてうちに融資相談に来たのですか?」

銀行・融資・財務のこと

「どうしてうちに融資相談に来たのですか?」

 

税理士の山本です。

 

 

 

先日、とある銀行の担当さんと打ち合わせをした時のこと。

 

 

 

「預金口座もなく、何らつながりのない会社・個人からいきなり融資の相談を受けることに対して、

銀行は非常に警戒心を持ちます。なぜうちに来たのかということです。」

 

 

 

う~ん、ごもっともですね。

通常、融資の相談は取引がある銀行に行いますよね。

見知った担当者のほうが相談しやすいのは、当然ですから。

 

 

 

それなのに何ら取引のない人が、いきなり融資の相談にきたらどうなるか。

 

 

 

「取引がある銀行にはすでに相談を行い、融資を断られたからうちに相談に来たのかな?」

「業績が悪く、資金繰りが回ってないんじゃないかな?」

 

 

 

と、最初はネガティブな印象を持たざるを得ないとのこと。

 

 

 

「それじゃあ、新しい銀行と取引なんかできないじゃん。」

 

 

 

というオーナーさんからの声が聞こえてきそうなので補足しておくと。

 

 

 

来た理由が大切。ということです。

 

 

 

「新規出店のための資金を調達したいと思ったが、他の銀行の条件も聞いてみたいと思った。」

 

「サブバンクとして、資金調達の窓口を増やしておきたいと思った。」

 

 

 

など、ポジティブな理由が欲しいと。

 

 

 

加えて、直近の黒字の試算表があるといいと(営業利益が黒字だとなおいいです)。

 

 

 

つまり、銀行が安心するポジティブな理由・それを裏付ける証拠(黒字の試算表)さえあれば、

 

 

 

一見さんであっても、銀行は警戒心をほどくとのこと。

 

 

 

新しい銀行に相談に行くときは、意識してみて下さい。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

経費に入れる英会話教室は経費で落とせるのか?【海外出店に向けて】前のページ

永遠のテーマ、節税と納税次のページ節税の納税

関連記事

  1. 美容業と新型コロナウイルス感染症特別貸付
  2. 災害貸付
  3. 預金通帳は、貸借逆
  4. 美容業・資金繰り支援
  5. 社長貸付金と美容室の決算書
  6. 格付けを意識

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP