銀行と見せかけの低金利

銀行・融資・財務のこと

借入をするときは、「見せかけの低金利」に注意してください

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

銀行をはじめとした第三者から、融資を受けるときは、

 

 

 

 

「見せかけの低金利」に注意するようにしてください。

 

 

 

 

数字のトリックで低金利に見せて、貸付を行うケースは後を絶ちません。

 

 

 

 

 

特に注意してほしいのが「保証金」

 

 

 

 

最近もありました。

 

 

 

 

「1年間の保証金50万円(償却あり、返還を要しないものとする)。」

 

 

 

 

こんな契約内容。

 

 

 

 

「償却され、返還されない?」

 

 

 

 

 

そう、戻ってこないんです。つまり、利息と同じですよね。

 

 

 

 

 

気を付けなければいけないのは、

 

 

 

 

 

「金利以外の表現で、実質的な金利を上げていること。」

 

 

 

 

 

こういう数字のトリックに注意していただきたいんです。

 

 

 

 

たとえば、

 

 

 

借入1億円、年利1.0%

 

 

 

1年分の保証金50万円(償却され、返還無し)

 

 

としたら、実質的な金利は、

 

 

 

①利息1,000,000円 年利1%

 

 

 

②保証金500,000円  利息に換算すると0.5%

 

 

 

③実質的な金利は、①+②で1.5%

 

 

 

 

といった負担になるんですね。

 

 

 

 

額面の金利と比べると、実に1.5倍です!

 

 

 

 

 

実に巧妙に、低金利であるかのように見せてくる人がいます。

 

 

 

 

あなたにどんなキャッシュ負担を強いる契約内容なのか?

 

 

 

 

 

本当に有利な契約内容なのか?

 

 

 

合理的な理由もなく市場金利より低い場合は、

 

 

 

 

まず何か裏が無いか疑ってかかってください。

 

 

 

 

もし、少しでも疑わしい場合は、契約書に印鑑を押す前に、

 

 

 

 

信頼できる弁護士に、法務の内容をチェックしてもらい

 

 

 

 

信頼できる税理士に、金利・税務・会計の内容をチェックしてもらうようにしてください。

 

 

 

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

多店舗化と幹部育成あなたの言うことを何でも聞くなら、そのスタッフは幹部候補です前のページ

ビューティフルライフ ~ふたりでいた日々~次のページ【美容室・理容室のオーナーさんへ】ご自宅の家賃などを経費にできることを知っていますか?

関連記事

  1. 美容室・埼玉
  2. 信用金庫と美容室
  3. 残高証明書の添付
  4. 運転資金と美容室
  5. 融資の借り換え
  6. 経営者の奥様にまで連帯保証

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP